書評

ぼくたちは習慣で、できている。佐々木典士著 レビュー!継続できないあなたへ

2019年9月27日

<スポンサーリンク>

毎年新年の誓いとして新しい目標を掲げる人は多いけれども、その目標を継続できる人は何人くらいいるでしょうか?

「ダイエットのために毎日1時間ウォーキングするぞ!」と決めたけど、3日と持たずにやめてしまった。

おそらく継続できる人よりも圧倒的に挫折してしまう人のほうが多いと思います。

私はほぼ毎日ジョギングや筋トレをしています。習慣化してしまえば逆にやらないと気持ち悪いのですが、習慣化するまではやはり大変です。

人間って「こうありたい」という理想像はあると思うのですが、そのためには新たな習慣を手に入れないといけません。ですが、それが本当に大変で、良い習慣とわかっていても続けられないのが人間です。

そのように「なかなか習慣化できない」とお悩みのあなたに向けてオススメなのが佐々木典士さん著書の「ぼくたちは習慣で、できている。」です。

佐々木典士さんといえば「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -」という本が大ヒットした方です。ミニマリスト第一人者という感じですね。

正直ミニマリストには興味ないのでこちらの本は読んでいませんが、今回ご紹介する「ぼくたちは習慣で、できている。」は習慣化するための方法が非常にうまくまとめられていますので、すぐに挫折してしまうという人はぜひ読んで欲しい一冊になっています。

created by Rinker
¥1,296 (2019/10/16 02:48:43時点 Amazon調べ-詳細)

人は将来の報酬よりも目の前の報酬を求める

なぜか人には「目の前の報酬を過大評価し、将来にある報酬や罰則を過小評価」してしまうという性質がある
*ぼくたちは習慣で、できている。第1章

この性質は「双曲割引」と呼ばれるものですが、習慣化を阻害する原因はほぼこれだと私も思っています。

例えば、ダイエットのためにウォーキングを決意しても、その結果が現れるのって数ヶ月とかですよね?そうなると人間はやる気が失せてしまいます。

継続すれば将来的に大きなリターンを得られているとわかっていても、そんな先のことは考えられないんですね。

私はアフィリエイトもしていますが、アフィリエイトをはじめた人のほとんどは1ヶ月くらいでやめていきます。アフィリエイトで成果が出るのってどんなに早くても半年くらいはかかります。

継続すればある程度のお金が稼げるとわかっていても、すぐに稼げないとやりたくなくなってしまうんです。

これはダイエット、アフィリエイトに限らず、習慣化できない原因のトップだと思います。

なので、まず人間はそのような性質があることを認識するのが大事ではないでしょうか。この性質を受け入れた上で、では習慣化するにはどうすればいいのか?

習慣したいことへのハードルを下げる

やる気を出すには「まず始める」ことが重要。まず始めるためにどうするか。それには徹底的にハードルを下げることが重要だ。
*ぼくたちは習慣で、できている。第3章

ベイビーステップなどとも言われますが、習慣化の書籍には必ずこれは言われますね。

とにかく小さな事から始める。無理をしない。

例えば「ウォーキングを毎日1時間!ではなく、まずは家の周りを5分くらい散歩」とか「腕立て30回!ではなくとりあえず3回から」とか「毎日ブログを1記事更新!ではなく、まずはタイトルだけ考えてみる」とかですね。

とにかく、なにか習慣化したいことがあったら、小さく始めることが大事です。

また、これもよく言われることですが「やる気というのは待っていてもやってきません。行動して初めてやる気は出ます」

掃除するの面倒くさいけど、ちょっとやり始めたら、やめられなくなって部屋中片付けてたなんてことありませんか?

「作業興奮」と言われるものですが、行動し始めるとやる気スイッチがオンになるわけです。

なので、とりあえずやってみるというのが大事です。

5分散歩だけのはずが、外に出たら1時間位歩いていたなんてよくあることです。なので、あくまでハードルは低くし、とにかく行動してみましょう。

どんな小さな行動でも、今日も達成できたという自身が自己肯定感につながります。

習慣化したいことは毎日する

「毎日する」ということさえ決まっていれば、今日それをすべきかどうか悩むことも決断することもない。そうして毎日するうちに、したくないことではなく、進んで自然としたいことに変わっていく。毎日する。これは習慣のステップの中でも扇のひとつだと思う。
*ぼくたちは習慣で、できている。第3章

習慣化する時に、週に2日やろうと決めると、次やるのはいつだっけ?今週は休んで来週2倍やろうとか、迷いが生まれます。

色々と考えるよりは毎日少しでも行動するほうが習慣化しやすいです。これは私も同感で、習慣化したいことがあったら、例外を設けないで毎日やるほうが習慣化しやすいです。

この時大事なのは「目標はあくまで小さくする」ことと、「少しでもやる」ということ。

人間だから疲れていてどうしてもやりたくない時ってあると思うのですが、そんな時もとりあえず家の周りを歩いてみるみたいに、毎日行動することが大事になってきます。

習慣というのは無意識でもできるような行動です。

毎日やらないと無意識にならない
*ぼくたちは習慣で、できている。第3章

途中でやめる

習慣は何より続けることを重視するので、もっとやりたいと思うところで止める。途中でやめる。8割ぐらいでやめる。
*ぼくたちは習慣で、できている。第3章

途中でやめるといっても、習慣化したいことの行動自体をやめろというわけではなく、完全燃焼しないで、ほどほどの状態でやめるということです。

毎日限界までジョギングするのではなく、その手前でやめるということですね。「もっとやりたい!」という気持ちを翌日まで残すってことです。

これも大事ですね。調子のいい人悪い日って必ずありますが、調子がいいからって無理すると翌日から嫌になることは多々あります。

なので、「もう少しやりたいな」ってところでやめて、翌日に備えましょう。

成長はモチベーションにならない

習慣を続けていても、成長の実感はたまにしかやってこない。だからそれを「報酬」として考えたり、モチベーションにしていると続かない。
*ぼくたちは習慣で、できている。第3章

ではなにを報酬にするかというと「自己肯定感」を報酬にしなさいと著者は言っています。

「今日も俺は行動できた!やるじゃん!」みたいなことですね。そういう自己肯定感を報酬にしたほうがモチベーションは上がるとのことです。

やめるべき習慣は自分の子供に習慣にしてほしいかどうか

著者いわく、「今あなたがやっている習慣を、自分の子供も習慣にしてほしいか」どうかでその習慣はやめるべきかどうか判断できるそうだ。

確かにそうですね。私も飲酒の習慣がありますが、それを自分の子供が習慣にしていたらやっぱり嫌だと思います。子供いないけど...

お酒に限らず、タバコ、ギャンブル、スマホばかりいじっているなど、そういうのはやっぱ子供にはやめて欲しいと思います。

このような依存性のある習慣の特徴としてこう書いてあります。

依存症に陥りやすいものはすべて「報酬が早い」ことが特徴的だ。要するに気持ちよさに即効性があるということ。
*ぼくたちは習慣で、できている。第3章

まさにこれですね。

最初に述べた双曲割引と一緒で、人間は目の前の報酬を求めてしまうんです。

そんな時はその先にあるもっと大きなリターンを考えましょう。その悪しき習慣をやめれた時の自分の状態ですね。

著者は悪しき習慣は完全に断つほうがいいと言っています。例えばお酒なら週末だけはOKとかではなく、もう飲まないと決めてしまうほうがいいと。

完全に断たないと、自分の中で例外をどんどん設けてしまって結局やめられない。これもその通りだと思います。今日だけはいいかなとか思うといつまで経ってもやめれません。

私はタバコをやめて15年以上経ちますが、その時もある日を境に一切吸わなくしました。1日何本とかにすると絶対やめられないと思ったからです。実際それで成功しましたので、少しずつやめるとか考えないで、今日限りでやめる!という気持ちが大事だと思います。

習慣を守って後悔することはない

自分で決めた習慣を守って、後悔することはないということ。こうしようと思った習慣を守れなくて後悔したことは山ほどある。しかし早起きできた後に「早起きなんてするんじゃなかった」とか、運動した後に「運動なんてして・・・大損だぜ!」なんて思ったことは一度もない。なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。サボりたくなったら、「後悔しないかな?」と自分に質問を投げかえてみるのも有効だ。
*ぼくたちは習慣で、できている。第3章

私にはこの一文が一番心に響いた。

そうなんです。自分で決めた習慣を守って後悔することなんて絶対ありません。

これを常に思っていると頑張れると思います。

総評

この本は佐々木典士さんが習慣化に関する書籍を自分なりにまとめてどうすればいいのかを書いたものです。

なので、習慣化に関するほかの書籍から引っ張ってきた内容もよく見られますが、それが本当によくまとめられています。

私も習慣化の本はたくさん読んでいて、この本に書かれていることも知っていることが多かったのですが、それでも著者が元編集者というのもあるかもしれませんが、とてもわかりやすく書かれていて、再度勉強になることが多かったです。

正直、習慣化の本はこれ一冊でも十分かと思います。

良き習慣を得ると生活が格段に向上しますが、そのための方法が満載です。実際私も本の内容を実践していますが、うまくいっています。

今回ご紹介した内容はほんの一部なので、気になった方はぜひ購入して読んでみてください。

created by Rinker
¥1,296 (2019/10/16 02:48:43時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は「ぼくたちは習慣で、できている。佐々木典士著 レビュー!継続できないあなたへ」をご紹介しました。

もともと習慣化の本が好きだったというのもあるのですが、久しぶりに良書に出会ったなって感じです。著者の物腰の柔らかさや文章の読みやすさも高評価です。

オススメですよ。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロ

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD廃人です。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。 少しでもお役に立てたら嬉しいです。 ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ! お問い合わせはこちら

-書評
-

Copyright© LifeEdge-ライフエッジ- , 2019 All Rights Reserved.