Google

Chromeを使ってタダでウィルスソフトを除去をする方法

投稿日:

<スポンサーリンク>

今や数あるブラウザの中で圧倒的なシェアを誇るChrome

意外と知られていませんが、Chromeブラウザにはウィルスソフトを除去する機能があります。

今回はChromeを使ってPC内のウィルス除去をする方法をご紹介します。

Chromeにはウィルス除去機能が

Chromeはもともとセキュリティに優れたブラウザですが、なんとウィルス除去機能も標準でついています。

もちろん利用するのは無料です。

このウィルス除去機能ですが、どうやらセキュリティ大手のESETが提供しているようです。

今はWindowsの標準セキュリティソフトである「WindowsDefender」も相当進化しているので、他のセキュリティソフトは必要ないと思っていますが、セキュリティソフトによって検知できないウィルスなんかも存在します。

そこで念の為、他の製品でというのも有効なわけです。

さて、前置きはこの辺にして、早速使い方をご紹介しましょう。

Chromeブラウザでウィルス除去をする方法

ChromeのURLに「chrome://settings/cleanup」と入力します。

「パソコンのクリーンアップ」という画面がでてきます。

「有害なソフトウェアを探して削除します」の横にある「検索」をクリックするとウィルススキャンがはじまります。

「Googleに詳細なレポートを送信する」という項目がチェックされていますが、送信したくない場合はチェックを外します。わざわざ情報を送る必要もないので私は外しています。

PCによって違ってくると思いますが、私のPCでは6分くらいで終わりました。

何も見つからなければ「有害なソフトウェアは見つかりませんでした」と表示されます。

リアルタイムで監視しているわけではないので、都度検索する必要があります。

まとめ

今回は「Chromeを使ってウィルスソフト除去をする方法」をご紹介しました。

マルウェアを含むアプリがあると、個人データを抜かれる恐れがあります。そうなる前に気づいたらこの機能を使ってみて下さい。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

-Google
-,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.