パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト(ブログ)

LifeEdge-ライフエッジ-

https://it-media2.net

ソフトウェア

Glary Utilitiesの自動起動をさせない方法<スタートアップからの削除>

パソコンのメンテナンスのために「Glary Utilities」を使用している人は多いかもしれませんが、自動起動されるのがちょっとウザいですよね。

このソフト自体がパソコンの高速化のためなのに、こいつが自動起動するおかげで、スタートアップに若干時間がかかるわけです。

また、アップデートしろみたいな通知が来て非常にうっとおしい。

このソフトは使用したい時だけ起動すれば十分なので、自動起動はオフにしちゃいましょう。

ただ、通常通り「スタートアップ」からではオフにできないので、今回はその方法をご紹介します。

Glary Utilitiesの自動起動をオフにする

Windowsの「設定」>「アプリ」から「スタートアップ」をクリックすると、Windows起動時に自動起動するソフトを制御できます。

この中に「Glary Utilities StartupManager」というのがあります。これがGlary Utilitiesの自動起動設定かと思ったのですが、これをオフにしてもGlary Utilitiesは自動起動します。

で、今度はGlary Utilitiesを起動してください。

「メニュー」の中から「設定」をクリック。

「Windows起動時にGlary Utilitiesを自動実行」のチェックを外します。

これでOKです。

まとめ

今回は「Glary Utilitiesの自動起動をさせない方法<スタートアップからの削除>」をご紹介しました。

Glary Utilitiesってスタートアップの管理とかもできるくせに、そこではこのソフトの管理ができない。。

スタートアップに余計なアプリが入っていると、起動時間に結構差が出るので、いらないものはオフにしておきましょう。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロシキ

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人です。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。 少しでもお役に立てたら嬉しいです。 ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ! レビューのご依頼などもお待ちしています。 お問い合わせはこちら

-ソフトウェア
-

Copyright© LifeEdge-ライフエッジ- , 2019 All Rights Reserved.