https://it-media2.net

iPhone

iPhoneの拡大鏡を使いハズキルーペのように使用する方法!

かわい子ちゃんのお尻で圧迫しても壊れない、話題のハズキルーペ。

小さな文字などを見やすくするためのものですが、実はiPhoneにも拡大鏡(ルーペ)の機能が存在します。

老眼で細かい字が見づらい!なんて人にはナイスな機能。

ただし、iPhoneを尻で潰すと壊れるかもしれないのでやめときましょう。

iPhoneで拡大鏡を使う設定をする

iPhoneの「設定」>「一般」の「アクセシビリティ」をタップ。

「拡大鏡」をタップ。

「拡大鏡」をオンにします。

拡大鏡の使い方

拡大鏡を使うにはホームボタンをトリプルクリックします。

トリプルクリックとは3回ポチポチポチと素早く押します。iPhoneXはサイドボタンを3回です。

すると拡大鏡が起動します。

スライドバーでズームアップとダウンができます。

フラッシュマークをタップすればLEDがつきます。

鍵アイコンはフォーカスの固定。真ん中はカメラ。一番右はコントラストなどの調整です。

これでハズキルーペいらずですね!

まとめ

今回は「iPhoneの拡大鏡を使いハズキルーペのように使用する方法!」をご紹介しました。

わたしは目が悪いのですが、ドライアイなのであまりメガネはかけません。そうなると雑誌の細かい文字を読むのが大変なんですよね。そんな時、たまに使ったりします。

便利なので覚えておいてください。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロシキ

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人。 パソコン歴:24年/スマホ歴:8年/VOD廃人歴:4年。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていく。 少しでもあなたのお役に立てたらとんでもなく嬉しい。 質問などはお気軽に。 レビューのご依頼などもお待ちしています。 お問い合わせはこちら

-iPhone
-,

© 2020 LifeEdge-ライフエッジ-