パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト(ブログ)

LifeEdge-ライフエッジ-

https://it-media2.net

iPhone

iPhoneで友人の位置情報を確認する方法<待ち合わせに>

「フェスに行くので友人と位置情報を共有しておきたい」「友人とはぐれてしまったので、どこにいるか知りたい」そんなことは多々ありますよね。

iPhoneでは標準で友だちを探す機能がついていますので、万一のときに備えてそのやり方を覚えておきましょう。

位置情報を共有する

はじめに位置情報の共有設定をしておく必要があります。

初期状態だとすでに共有になっていると思いますが、一応確認しておいてください。

iPhoneの「設定」から「アカウント」をタップ。

「位置情報を共有」をタップ。

「位置情報を共有」をオンにします。また「共有元」でほかの端末が選択されている場合は「このデバイス」に変更してください。

「友達を探す」アプリで共有設定をする

iPhoneの標準アプリである「友達を探す」を起動し、右上の「追加」をタップ。

宛先で共有相手を連絡先から追加します。相手が近くにいる場合はAirDropを使ってすぐに共有設定できます。

宛先を追加したら右上の「送信」をタップ。

相手と位置情報を共有する時間をタップします。

共有を設定すると相手に共有の連絡が行くので、OKすれば位置情報を共有できます。

当たり前ですが、これはiPhoneの機能なので、Androidとの共有はできません。Androidとも共有したい場合はLINEを使うと便利です。

LINEで位置情報を相手に送る

共有したい相手のトークを開き「+」をタップ。

「位置情報」をタップ。

現在の位置情報が送信されます。これをタップすればGoogleマップが開きます。

グループにも送信できますので、友人に一括で共有できます。

まとめ

今回は「iPhoneで友人の位置情報を確認する方法<待ち合わせに>」をご紹介しました。

iPhoneでの共有の仕方を紹介しておいてなんですが、LINEで共有したほうが楽ちんです。

Googleマップでも共有できますが、LINEのほうがより簡単です。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロシキ

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人です。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。 少しでもお役に立てたら嬉しいです。 ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ! レビューのご依頼などもお待ちしています。 お問い合わせはこちら

-iPhone
-,

Copyright© LifeEdge-ライフエッジ- , 2019 All Rights Reserved.