NEWS 格安SIM

mineoがeSIMの提供を開始!au回線なのでドコモのサブ回線としてもあり?

mineoが2022/08/24よりeSIMの提供を開始ると発表しました。

格安SIM業者も続々とeSIMに対応してきていますね。もう物理SIMとか近いうちなくなるのかな。

mineo「eSIM」について

提供開始日 2022年8月24日(水)
対象 mineo Aプラン(au回線)

「マイピタ」「マイそく」、「デュアルタイプ(音声通話+データ通信)」「シングルタイプ(データ通信のみ)」を問わず対象

対応端末 iPhone SE(第二世代)やiPhone12シリーズなどのeSIM対応iPhone
AQUOS sense6/wish、Xperia 10 IV、Rakuten Hand 5GなどのeSIM対応Android端末
手数料・発行料 契約事務手数料:3300円 発行料:440円

「マイピタ」「マイそく」、「デュアルタイプ(音声通話+データ通信)」「シングルタイプ(データ通信のみ)」を問わず利用できるということで、格安SIMのeSIMだとデータ通信のみが多いのですが、音声通話SIM対応となると大きなアドバンテージになりますね。

今回はau回線での提供ですが、ドコモ回線は2023年以降に提供予定とのこと。

回線に関しても通信障害児などの予備回線として考えるなら、複数回線あったほうが選択肢増えますからね。

ちなみに。現在mineoで物理SIMを利用している人も再発行手続きでeSIMに変更できるそうです。

mineo 公式サイト

オンライン本人確認で即日発行

eKYCの導入でオンライン上で身元確認申請ができるため、データ通信eSIMなら24時間いつでも発行可能。

ただし、通話eSIMの場合は有人監査が必要なので、夜中に申し込んだものは翌9時以降の手続きになります。

なんにしても、物理SIMと比べたら全然早いですけどね。

アプリ内でSIMの切り替え

通常、物理SIMとeSIMを2枚同じスマホで使用している場合、回線の切り替えはスマホの設定から行うことになりますが、mineoアプリ内でこのSIM切り替え機能を追加する予定とのこと。

Android向けに2022年10月中旬ころリリース予定のことですが、iPhone版は特アナウンスがありませんでした。

iPhoneでeSIMを利用するときは注意が必要

iPhoneでeSIMを利用する場合、APN構成プロファイルが1つしか利用できないので、もしiPhoneで物理SIMとeSIMを同時に使う場合、物理SIMのほうもAPN構成プロファイルが必要な場合はmineoのeSIMは利用できません。

構成プロファイルを使用するのは格安SIMになるので、物理SIMで格安SIMを使っているのなら注意して下さい。

詳しくはこちら

サブ回線にオススメの「eSIM」 俺が選ぶのはこれだ!格安で運用しよう

先日auの大規模障害によりモバイルデータ通信と通話ができなくなったのは記憶に新しいところですよね。 人間が管理している以上、システム障害というのはどの分野でも起こりえますし、100%防ぐなんてことはな ...

続きを見る

 

mineoは300kbpsで月額660円の「マイそくライト」も発表したので、サブ回線のeSIMとして契約するならアリですね。

mineo 公式サイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人。 利用してもいない商品やサービスをオススメだとすすめることはありませんので、ご安心を。 少しでもあなたのお役に立てたらとんでもなく嬉しいです。 パソコン歴:24年/スマホ歴:10年/VOD廃人歴:4年。 質問などはお気軽に。 レビューのご依頼などもお待ちしています。 お問い合わせはこちら

-NEWS, 格安SIM
-,