NEWS

Facebookとレイバンがコラボしたスマートグラス<Ray-Ban Stories>微妙...

Facebookがレイバンとコラボした初のスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表した。

価格は299ドル(約32,000円)から。

Ray-Ban Storiesの機能・特徴

スマートグラスと言っても、残念ながらレンズ内にARを投影するような機能はなく、写真・動画撮影、音楽再生、通話機能程度のことしかできない。

カメラは500万画素のデュアルカメラで動画は最大で30秒撮影できる。短い...

これだと思い切り盗撮メガネにしか見えないが、撮影時はLEDが点灯して撮影中ですよと知らせるようになっている。

公式サイトの方でもプライバシーに関してはかなり重点的に書かれているので、そういう指摘が多く寄せられるのがわかってのことだろう。

まあ、LED点灯したからと言って、周りの人が撮影中と認識できるのかは疑問だけど...

Facebookアシスタントの音声コマンドによるハンズフリー撮影も可能。

500万画素のカメラなので相当荒い画質なのかと思ったけど、レビューを見る限り、見るに堪えないというレベルではない。予想以上にちゃんと撮れているという印象。

撮った画像はFacebookはもちろん、Instagram、WhatsApp、Messenger、Twitter、TikTok、Snapchatなどと共有することが出来る。

また、つるの部分にオープンイヤースピーカーを搭載しており、音楽の再生や通話なども可能。

オープンイヤースピーカーなので、通話品質は望めないと思うが...

デザインは20種類のバリエーションが用意され、レンズはクリア・サン・トランジション・度付きといった5種類がラインナップ。

オンラインサイトのほか、アメリカ、オーストラリア、カナダ、アイルランド、イタリア、イギリスの一部の小売店で販売される。

Ray-Ban Stories

正直これをスマートグラスと言っていいものか疑問な部分はあるんだけど、レイバン好きなら話のネタに持っていても面白いかもしれない。

ただし、盗撮犯に間違えられないように気をつけろよ!

Googleレンズは大失敗に終わってしまったが、こちらはそうならないように健闘を祈りたい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人。 パソコン歴:24年/スマホ歴:8年/VOD廃人歴:4年。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていく。 少しでもあなたのお役に立てたらとんでもなく嬉しい。 質問などはお気軽に。 レビューのご依頼などもお待ちしています。 お問い合わせはこちら

-NEWS
-