ガジェット 暮らし

財布やパスポートを失くしても見つけられるカードが凄い!<SAFEDOME(セーフドーム)>

投稿日:

<スポンサーリンク>

「あれ!財布がない!落としたかも」「パスポートがない!盗まれたかも」

考えただけでも恐ろしい状況ですが、いつ自分にふりかかってくることかわかりませんよね?

わたしの知人は1年で3回も財布をなくしました。

財布をなくしてお金がなくなるのは嫌ですが、それよりもカードを停止したり、会員カードを作り直したりと、そういう手間がほんと面倒ですよね。

日本では財布を落としても返ってくると言いますが、はなからひとの善意に期待しても仕方ありません。

また、一番最悪なのが海外でパスポートを紛失することです。これはほんとに最悪です。手続きがとんでもなく面倒です。

さて、そんな財布やパスポートの紛失に関して、画期的な商品が発売されようとしています。

その名は「SAFEDOME(セーフドーム)」。

純粋に良いな~と思った商品なので、ご紹介しますね。

<スポンサーリンク>

SAFEDOME(セーフドーム)とは?

SAFEDOME(セーフドーム)はカード型の端末で、これがスマホと連動してカードの位置情報を知らせてくれます。

ようはカード端末を財布やパスポート入れなどに忍ばせておけば、常にその場所を特定できるわけです。

SAFEDOME(セーフドーム)は現在発売されてはおらず、クラウドファンディングで受付中となっています。

今後発売されていくと思いますが、一足早く欲しい!なんて場合はクラウドファンディングで支援してあげましょう。

充電器とのセットで7800円です。

SAFEDOME(セーフドーム)

ちなみにこちらは日本企業ではなく、オーストラリアの企業が開発したみたいです。

SAFEDOME(セーフドーム)の特徴は?

SAFEDOME(セーフドーム)の主な特徴をご紹介。

充電OK

SAFEDOME(セーフドーム)のほかにも似たような端末ってあるのですが、それらは電池式の使い切りタイプが多かったので、非常にコストがかかりました。

SAFEDOME(セーフドーム)は充電OKなので、繰り返し使えるわけです。

紛失記録

財布やパスポートをなくした場合、いつどこで失くしたのかをスマホで記録・表示してくれます。

アラーム機能

スマホとカードが一定以上離れるとアラームで知らせてくれます。

スマホ呼び出し

スマホからカードを探すだけでなく、カードのボタンを押すとスマホから音が鳴ります。

防水

防水設計で雨の日も安心

SAFEDOME(セーフドーム)の使い方

使い方はめっちゃ簡単。

step
1
カードを財布やパスポート入れに入れとく。

step
2
アプリをインストール。

step
3
カードとアプリを同期させる。

これだけです。

ただし、SAFEDOME(セーフドーム)はBluetooth5.0での通信なので、通信距離は最大で100mくらいになります。

なので、「アラーム機能」を使って、財布やパスポートと離れたらアラームを鳴らす設定をしておくと安心です。

SAFEDOME(セーフドーム)の幅広い使い方

SAFEDOME(セーフドーム)の主な使用方法は財布やパスポートだと思うんですが、小さなカード端末なので、子供に持たせて迷子防止とか、徘徊する高齢者の洋服に入れておいて、外に出ていこうとしたらアラームを鳴らすなんてこともできますよね。

考え次第で色々なことに使えそうです。

まとめ

今回は「財布やパスポートを失くしても見つけられるカードが凄い!<SAFEDOME(セーフドーム)>」をご紹介しました。

財布やパスポートをなくすと、この世の終わりみたいな気持ちになるので、そうなる前に、検討してみてはいかがですか?

よくを言えばもっと安ければ文句ないのですが、海外によく行くような人は安心のためだと思えば高くはないかな??

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ガジェット, 暮らし
-

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.