https://it-media2.net

Windows

Windowsのスタートアップ(自動起動)を簡単に設定する方法!

投稿日:

<スポンサーリンク>

よく使うアプリはWindowsのスタートアップ(自動起動)に設定しておくと、PCを起動すると自動で立ち上がりますので、非常に便利です。

アプリによってはインストール時に「スタートアップに登録しますか?」とダイアログが出るものもありますが、すべてがそうではありません。

なので、よく使うアプリでスタートアップに登録していないものがあれば、今すぐ登録しちゃいましょう。

今回はもっとも早くスタートアップに登録する方法をご紹介します。

<スポンサーリンク>

スタートアップの登録方法

キーボードの「Windowsキー」+「R」を押すと「ファイル名を指定して実行」が表示されますので、そこに「shell:startup」と入力してOKをクリック。

するとエクスプローラーが起動し、Windowsのスタートアップフォルダが表示されます。

次に、スタートメニューから登録したいアプリを右クリックして「その他」>「ファイルの場所を開く」をクリック。

するとそのアプリのショートカットの場所が開きますので、そのショートカットを先ほどのスタートアップフォルダにコピーします。

これでスタートアップへの登録が完了です。

スタートアップへの登録を停止する

スタートアップへの登録を停止したい場合は、スタートアップフォルダにアプリのショートカットを削除してしまえばOKですが、これだとまた登録したい時に面倒です。

なので、システム設定からオフにしましょう。

Windowsの「設定」から「アプリ」>「スタートアップ」をクリック。停止したいアプリをオフにします。

また開始したい場合はオンにすればOKです。

注意点

スタートアップの登録はWindowsの起動時間に関係してきます。

登録数が多いほどWindowsの起動が遅くなりますので、本当に必要なもののみ登録するようにしましょう。

もし必要のないアプリがスタートアップに登録してある場合はオフにしておいてください。

まとめ

今回は「Windowsのスタートアップ(自動起動)を簡単に設定する方法!」をご紹介しました。

PCを利用する時に必ず使うアプリってあるかと思いますので、それらを登録しておくと便利ですよ。

ぜひ利用してみてください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-Windows
-,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.