https://it-media2.net

WordPress

WordPressをルート直下で表示させる方法

投稿日:

<スポンサーリンク>

WordPressのインストール先をサブディレクトリ(/wp)にした場合、デフォルトだとURLがサブディレクトリを含めたURLになってしまい、かなりブサイクです。例)「http://sample.com/wp」など。。。

このURLをルート直下の表示にする方法をご紹介します。

サイトアドレスの変更

WordPress管理画面の「設定」>「一般」にある「サイトアドレス(URL)」のURLをルートアドレスに変更します。

この時、絶対にWordPressアドレスの方を変更しないでください。ログインできなくなったりします。

サブディレクトリにあるindex.phpを移動・修正する

WordPressインストール内にある「index.php」をダウンロードし、下記のように編集してからルートディレクトリにコピーします。

変更前

変更後

require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );
これを
require( dirname( __FILE__ ) . '/wp/wp-blog-header.php' );
に変更します。

ここでは/wpになっていますが、インストールしたサブディレクトリが/wordpressだったら、require( dirname( __FILE__ ) . '/wordpress/wp-blog-header.php' );になります。

終わったらルートディレクトリへコピーしてください。

「.httaccess」ファイルもコピーするのですが、後述のパーマリンクの設定をすれば自動的に作成されるので、しなくてもOKです。

パーマリンクの設定

設定を有効化するために、最後にパーマリンクの設定をします。

WordPress管理画面の「設定」>「パーマリンク設定」で、「変更を保存」をクリックすればOKです。

これで自動的に.httaccessファイルも作成されると思います。

まとめ

今回は「WordPressをルート直下で表示させる方法」をご紹介しました。

クライアントさんからよく修正依頼がくる案件なので、お困りの方もいるかと思います。

特に難しいことはないと思いますが、唯一気をつけるべきことは「サイトアドレス」変更の部分です。間違えて「WordPressアドレス」を変更してしまうと、かなり面倒なことになるので、気をつけてくださいね。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-WordPress
-

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.