https://it-media2.net

スマホ

zenfone2を工場出荷状態<リカバリ>にする方法

投稿日:

<スポンサーリンク>

昔使っていたZenfone2をサブ機としてたまに使っているのですが、さすがに動作がもっさりしていて、アプリを起動するのにも何秒もかかるようになってしまいました。

まあもともと低スペックなので仕方ないのですが、それにしても重すぎるので工場出荷状態にすると、かなりサクサク動くようになりました。

そこで今回はzenfone2を工場出荷状態にする方法をご紹介しようと思います。あまり需要はないだろうけど・・・。

<スポンサーリンク>

リカバリーモードで起動する

*工場出荷状態にすると大事なデータもなくなりますので、必ず事前にバックアップをしておいてください。

まずはZenfone2の電源を切りましょう。

そしたら「電源ボタン」と「音量の大ボタン」を同時に押して起動します。

起動する時にバイブで振動したら電源ボタンだけを離します。音量の大ボタンは押したままにしてください。

なぜかASUSの公式サイトをみると、音量の小ボタンを押すとなっていますが、音量の大ボタンが正解です。

するとドロイド君が倒れた画面が出てくるので、音量ボタンを押して「RECOVERY MODE」を選択して電源ボタンを押します。

ここでなぜか「エラーです」と表示され、止まってしまうのですが、そんな時は電源ボタンと音量の大ボタンを同時に何回も連打します。

zenfoneは背面に音量ボタンがあるので大変ですが、頑張って何回も連打してください。

ある程度連打していると、ようやくリカバリーモードが起動します。そこから「wipe data/factory reset」を音量ボタンで選択し、電源ボタンを押します。

「delete all user data」を選択して電源ボタン

リカバリが始まります。下のような画面のまま20分くらい動かなくなりますが、放っておきましょう。

20分後くらいに「Data wipe complete」が表示されれば完了です。

このまま電源ボタンを押して再起動します。起動時にグルグルマークが5分以上表示されますが、しばらく待ちましょう。

以上で終了です。

これで工場出荷状態に戻りましたので、再度初期設定をやり直してください。

もっさりしていた動作もだいぶ軽くなりますよ。

まとめ

今回は「zenfone2を工場出荷状態<リカバリ>にする方法」をご紹介しました。

今どきZenfone2を使っている人は少ないと思いますが、サブ機としてならまだ使い道はあります。

パソコンもそうなのですが、使い続けるとどうしても動作が重くなるので、そんな時はリカバリーするのが一番手っ取り早いです。

重くてどうしようもなかったのですが、普通に使えるようになりました。

モッサリしててイライラするよーって人は試してみてください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-スマホ
-,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.