https://it-media2.net

WEB 暮らし

ネットオフで本の宅配買取を利用した結果を公開!衝撃の結末が。。。

投稿日:

<スポンサーリンク>

先日、実家の倉庫に打ち込んでおいた超絶古い漫画本を処分するってことになったので、捨てるぐらいならとネットオフの宅配買取を利用してみました。

「オフサイド」「ろくでなしBLUES「激烈バカ」など、何年前だよっていう古本ばかりです。

全部で200冊くらいでしたが、いったいいくらになったと思いますか?

気になるその結果をご紹介しましょう!

<スポンサーリンク>

なぜネットオフ?

宅配買取をしている会社ってたくさんあります。

はじめはAmazonの宅配買取を使ってみようとしたんですが、本人確認が非常にめんどくさい!

Amazon買取サービス

ほとんどの宅配買取サービスは本人確認に免許証のコピーをダンボールに入れておけばOKなのですが、Amazonの場合はいちいち本人限定受取郵便で本人確認しなければなりません。

たまにキャッシュカードを作るときなどに本人限定受取郵便を使ったりしますが、必ず本人が受け取って身分証とかも提示しなきゃいけないので、ひどく面倒です。

宅配買取ってダンボールに詰め込んでさっと送れるところがいいのに、その前に本人限定受取郵便なんかのやり取りをしなきゃいけないのはかなりの手間です。

それと、Amazonは現金じゃなくてAmazonギフト券での支払いになります。また、ダンボールも一度に5個までしか送れないようです。

便利なはずの宅配買取が、なんだかとても面倒くさいのでAmazonはやめました。

じゃあどこにすっかな~と思っていた時に見つけたのがネットオフです。

ネットオフ 本・DVD買取コース

本人確認も免許証のコピーだけでOKですし、ダンボールの個数制限も特にありません。ダンボールや送料も無料。また、大手企業なので安心感もあります。

ただ、大手の買取の場合、ブックオフとかでもそうですが、高値は付きづらいです。

でもまあ今回は状態の悪い漫画本なので、どこに送ろうがどうせ値段はほとんどつかないだろうと思ったので、ネットオフに決めました。ちなみに、ネットオフはキャンペーンで20%買取額をアップしてくれます。

ネットオフ利用方法

ネットオフの買取ページから申し込みます。

ネットオフ 本・DVD買取コース

必要事項を入力して集荷依頼をするだけです。わたしは使いませんでしたが、ダンボールがない場合は事前に無料で届けてくれます。

集荷希望日なども細かく指定できます。

入力後に商品送付書というのを印刷し、それに免許証などのコピーを貼り付けてダンボールの中に入れます。

そしたらダンボールに古本を詰めていきましょう。ダンボールはスーパーなどからもらってきたものでも大丈夫です。

倉庫に積んでおいたものなので、めちゃくちゃ状態が悪いです。ほんとは表紙がないものや痛みが激しいものは買取不可の商品になりますが、今回は送っちゃいました。ごめんなさい。。。

こんな感じでダンボール6箱で200冊ちょいでした。

あとは先ほど印刷した商品送付書を入れて、集荷を待ちましょう。伝票などは佐川急便が用意してくれます。

集荷してからおよそ8~10日くらいかかるようです。わたしの場合は8日目に査定結果がメールで届きました。

ネットオフの古本査定結果

さて、肝心の査定結果です。

222点で220円(笑)

ほとんどが買取基準に満たない商品で、6点が買取不可でした。唯一値段がついたのは1点だけ。しかも5円。。。

まあ、あの状態なので、買い取ってくれただけでも良しとしましょう。だって、6箱も送っているので、送料だけでもかなりかかっているはずですもの。

逆に送り返されるかなくらいに思っていたので、少しホッとしました。売り物にならない場合はリサイクルセンターに送られるみたいです。

値段を見て笑ってしまいましたが、どうせ捨てる予定のものだったので、個人的には満足です。おそらくほかの買取サービスでも同じような結果でしょう。

もう聴かないようなCDもたくさんあるので、それらも売っちゃおうかなって思います。ヤフオクとかで1枚ずつ売るのも面倒ですからね。

*査定結果が届いて納得したら、ネットオフのマイページから必ず振込手続きをおこなってください。

まとめ

今回は「ネットオフで本の宅配買取を利用した結果を公開!衝撃の結末が。。。」をご紹介しました。

ほんとに状態の悪い本ばかりだったので、ネットオフさんにはご迷惑だったかもしれません。

大量の本ってゴミ捨て場に持っていくのも大変だったりしますが、宅配買取なら全部持っていってくれるので、ほんとうに楽ちんでした。

年末の大掃除へ向けてぜひ利用してみてください。

ネットオフ 本・DVD買取コース

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-WEB, 暮らし
-,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.