https://it-media2.net

暮らし

ナンバーディスプレイなしでも発信者番号がわかる方法

投稿日:

<スポンサーリンク>

「電話かかってきてたけど、誰だったろう?」そんなことはありませんか?

固定電話で発信者の番号を知るためにはナンバーディスプレイを申し込む必要がありますが、ナンバーディスプレイは月額400円(税抜)がかかります。また、ナンバーディスプレイに対応した電話機も必要です。

たまにしか利用しない場合は、結構バカにできない金額ですよね。

実はナンバーディスプレイに申し込まないでも、発信者の番号を確かめる方法があります。

今回はその方法をご紹介します。

<スポンサーリンク>

ナンバーディスプレイとは?

ナンバーディスプレイは発信者の番号が事前に電話機に表示される機能です。

事前に電話番号がわかるので、迷惑電話を拒否したりできるなかなか優秀なサービスです。

また、着信履歴も残るので、出れなかった時に誰から電話が来たのかが一目瞭然です。

これが無料で利用できるサービスなら文句なしなのですが、月額400円と対応電話機が必要になるので、あまり頻繁に固定電話を使わない場合はちょっともったいないわけです。

発信者番号を確認する方法

「大事な電話がかかってくるけど、ちょっと外出しなければならない」「電話きたけどちょうどトイレに入っていた」なんてことはあると思います。

そんな時、ナンバーディスプレイに加入していれば対応できますが、加入していないと電話がきたのか、誰から電話があったのかはわかりませんよね?

でも、実は発信者の番号を調べる方法があるんです。

意外と知られていない方法ですが、「136」をダイヤルすると最後にかかってきた着信の日時と電話番号を教えてくれます。

ISDN以外のNTT固定電話ならOKです。

1回30円(税抜)かかりますが、契約不要で利用できます。

かかってきている電話をリアルタイムで確認することはできませんが、「あの電話はもうかかってきてたかな?」とか「さっき誰から電話きただろう?」なんて時には結構役に立ちますので、ぜひ覚えておいて下さい。

まとめ

今回は「ナンバーディスプレイなしでも発信者番号がわかる方法」をご紹介しました。

素直にナンバーディスプレイに加入すれば良いだけの話ですが、今は携帯メインだと思うので、それほど利用するとも思えません。

ただでさえ固定電話ってお金がかかるので、節約したいですもんね。

少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-暮らし
-,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.