https://it-media2.net

Android アプリ

iPhoneとAndroid間で写真データを送受信する簡単な方法

更新日:

<スポンサーリンク>

iPhone同士なら「AirDrop」、Android同士なら「AndroidBeam」などがファイル送信で使われますが、iPhoneとAndroid間ではどうすれば良いでしょうか?

Bluetoothで接続すれば?という意見もありそうですが、AndroidとiPhoneではBluetooth接続できません。

なので、アプリを使うのがもっとも手早く簡単な方法になります。

LINEとかで写真添付という方法もありますが、登録していない相手や大量のデータをやり取りしたい時はそうもいきません。

そこで、今回は多くのファイル転送アプリの中でオススメの「FotoSwipe」をご紹介します。

FotoSwipeの機能

FotoSwipeはスマホ間でデータを送受信するアプリですが、写真データだけでなく、ビデオ、連絡先、アプリ、オーディオ、ファイルなどをやり取りできます。

この中で意外と便利なのが、連絡先の送受信です。登録されている連絡先のデータを相手に送ることができるので、仲間内で簡単に連絡先の共有ができます。もちろん、個人情報を勝手に送信してはまずいですけどね。

また、FotoSwipeはスマホ間だけでなく、スマホとPC間のデータのやり取りもできます。自分のPCのデータを相手のスマホに送るなんてことができるわけです。

データのやり取りに関してはこのアプリがあれば十分です。

FotoSwipeでの写真データ送受信方法

まずは送受信するお互いのスマホにFotoSwipeアプリをインストールします。

データをやり取りするスマホ同士を近くに置いてください。

起動して「ファイルの送受信」でお目当ての写真を選びます。

ファイルを選択して送信をタップ。受信側のスマホでFotoSwipeを起動していれば「近くのデバイス」に自動的に表示されますので、それを選択すると送信が始まります。

相手の端末がデータを受信すると通知が来るので、OKをタップして受信完了です。

もし遠方の友人などに送りたい場合は「招待」をしてください。

FotoSwipeでスマホとPC間のファイル送受信をする方法

FotoSwipeではスマホ同士だけでなく、PCとの送受信もできます。

この場合パスコードを使用してやり取りするので、スマホが近くになくても大丈夫です。

PCからスマホへデータを送信する場合

FotoSwipeの公式サイトへ行きます。「ファイル選択」から目的のファイルを選択します。

すると6桁のパスコードが発行されるので、それを受信側の相手に教えます。

受信するスマホでFotoSwipeを起動し、「ファイルの送受信」を選択し、右下にある「受信」をタップ。

あとはパスコードを入力すると受信が始まります。

スマホからPCへデータを送信する場合

「コンピュータに送信」をタップ。

写真を選択して送信すると、下のようなパスコード画面が出るので、そのパスコードをFotoSwipeのサイトへ入力します。

公式サイトの「Enter Code」に先ほどのパスコードを入力して「RECEVE」をクリックすると受信が始まります。

まとめ

今回は「iPhoneとAndroid間で写真データを送受信する簡単な方法」をご紹介しました。

友人同士でデータをやり取りしたい時、登録なしですぐに利用できるのでとても便利です。

ただ、送受信し終わったあとに全画面広告が出るのがうざいですが、無料なので仕方ないですね。

少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Android, アプリ
-, , ,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.