パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト(ブログ)

LifeEdge-ライフエッジ-

https://it-media2.net

Android アプリ

Androidで位置情報(GPS)をアプリを使って偽装する方法!

スマホの位置情報を偽装したいと思ったことはありませんか?

浮気、アプリゲーム、、、なんとなく悪いことでしか思いつきませんが、だからこそやりたくなりますよね。

Androidでは位置情報(GPS)の偽装はアプリを使えば簡単にできてしまいます。

残念ながらiPhoneでアプリを使って簡単に位置情報を偽装することはできません。簡易的に位置情報を変えることはできるのですが、アプリゲームなどでは使えません。

かなりめんどくさいことをやればできなくはないのですが、それはまた別の機会にご紹介できればと思います。

なので今回はAndroidユーザー限定の方法となります。

位置情報を偽装すればポケモンGOやテクテクテクテクなども偽装可能ですが、BANを食らう恐れもありますし、なによりもそんなことをしても面白くないので、やめておいたほうがいいと個人的には思います。

FakeGPSをインストール

まずは位置情報(GPS)を偽装するアプリ「FakeGPS」をインストールします。ほかにも偽装アプリはありますが、これが一番安定して動作しました。

残念ながらFakeGPSをインストールしただけでは偽装はできません。

次に開発者オプションを設定します。

開発者オプションを設定する

Androidには開発者オプションという隠し設定が存在します。

その名の通り、Androidの開発者向けの設定なのですが、色々と細かい設定ができるようになります。

開発者オプションを使えるようにしましょう。

Androidの「設定」から「システム」をタップ。

「端末情報」をタップ。

「ソフトウェア情報」をタップ。

「ビルド番号」のところを複数回連続タップしてください。すると「開発者向けオプションがオンになりました」と表示されます。

開発者向けオプションに「FakeGPS」を設定する

「設定」>「システム」の中に「開発者向けオプション」という項目が追加されていますので、そこをタップ。

「仮の現在地情報アプリを選択」をタップ。

「FakeGPS」をタップ。

これでFakeGPSの使用準備はできました。

FakeGPSの使用方法

FakeGPSを起動したら、地図が表示されますので、偽装したい地点をダブルタップします。

場所が設定されますので、あとは右下の矢印アイコンをタップすれば偽装がされます。

停止したい場合は左下のストップアイコンをタップします。

スタートとストップする時に、うざい広告が表示されますので、注意してください。

実際に位置情報を偽装して写真を撮ってみました。

埼玉で撮影したのですが、ちゃんと指定したポイントの位置になっています。

まとめ

今回は「Androidで位置情報(GPS)をアプリを使って偽装する方法!」をご紹介しました。

簡単に偽装できてしまいますが、悪事には絶対使用しないでくださいね!

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロシキ

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD廃人です。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。 少しでもお役に立てたら嬉しいです。 ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ! お問い合わせはこちら

-Android, アプリ
-, , ,

Copyright© LifeEdge-ライフエッジ- , 2019 All Rights Reserved.