https://it-media2.net

Google

Googleドキュメントやスプレッドシートを簡単にPDFに変換する方法

投稿日:

<スポンサーリンク>

Googleドキュメントやスプレッドシートを仕事で使う人も多いと思いますが、これらをPDFで保存した時はどうしていますか?

印刷設定からPDFで保存するのが一般的だと思いますが、もっと簡単な方法でPDFに保存することが可能です。

また、今回ご紹介する方法なら、変換すらせずに送信先の相手にPDFを送信することができます。

Googleドキュメントやスプレッドシートを利用している人なら、なにかと便利なワザなので、ぜひ覚えておいてください。

GoogleドキュメントやスプレッドシートをPDF保存する

通常PDFで保存する場合、印刷設定からおこないます。

「送信先」を変更します。

「PDFに保存」で変換できます。

まあこれでも良いんですが、ちょっとめんどくさいですよね。

もっと簡単に変換する方法があります。

URLを変更してPDF保存する

GoogleドキュメントやスプレッドシートのURLの末尾を変更します。

最後の「edit」の部分を「export?format=pdf」に変更します。

変更したURLにアクセスすると自動的にPDFファイルとしてダウンロードされます。

相手にわざわざPDFファイルを添付しないでも、このURLだけを伝えれば、勝手にPDFとしてダウンロードされます。

Googleドキュメントでは「メールに添付して送信」という機能があるので、直接相手にPDFで送れるのですが、ほかのメールクライアントで送る人が多いでしょうから、ご紹介した方法はなにかと使えるかと思います。

お気づきの方もいるかもしれませんが、「export?format=pdf」のフォーマット部分を「doc」や「xls」にすれば、その形式で保存されます。

まとめ

今回は「Googleドキュメントやスプレッドシートを簡単にPDFに変換する方法」をご紹介しました。

ちょっとしたテクですが、覚えてくと便利ですよ。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロ

ゼロ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動しています。
IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。
少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

-Google
-, ,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.