iPhone iPhone Tips

iPhoneでバッテリー残量をパーセント(%)表示で確認する方法

2022年8月2日

iPhone☓以降のホームボタンが廃止されたiPhoneでは右上に表示されるバッテリー残量のパーセント表示がでなくなりました。

これ▼

なにげにすげー不便...

残念ながら右上に常にパーセント表示する方法はいまのところありませんが、パーセント表示で確認する方法はいくつかありますので、今回はその方法をご紹介します。

それではレッツラゴー!

ゼロシキ
ちなみに、iOS16ではバッテリーのパーセント表示が復活するとの情報があります。

コントロールセンターから確認する

まずはど定番、コントロールセンターから確認する方法です。

iPhoneの右上から下にスワイプしてコントロールセンターを呼び出します。

 

ここでパーセント表示を確認できます。

 

まあこれでもいいんですが、下にスワイプするという動作がちょっと面倒くさいという場合は、ちょっとした裏技でコントロールセンターを簡単に呼び出すことも出来ます。

1.iPhoneの「設定」から「アクセシビリティ」をタップ

 

2.「タッチ」をタップ

 

3.「背面タップ」をタップ

 

4.「ダブルタップ」をタップ

 

5.「コントロールセンター」をタップ

 

これでiPhoneの背面を2回タップするとコントロールセンターを呼び出すことが出来ます。

コントロールセンターを呼び出すことが多い人は設定しておくと便利です。

バッテリーウィジェットで確認する

バッテリーウィジェットを設定するとバッテリー表示だけでなくBluetoothに接続した機器のバッテリー残陽も表示してくれます。ワイヤレスイヤホンとか使っている人は便利ですよ。

 

1.ホーム画面のなにもないところをロングタップし、右上の「+」アイコンをタップ

 

2.検索欄に「バッテリー」と入力してバッテリーをタップ

 

3.いくつかウィジェット候補が出てきますが、2番目がおすすめ。

 

4.バッテリー残量が表示されます。Bluetoothを接続している場合はBluetooth機器のバッテリー残量も表示されます。

 

Siriに聞いてみる

Siriに聞いてもバッテリー残量を教えてくれます。

「へい Siri」でSiriを呼び出したら、「バッテリー残量は?」と聞いてください。

バッテリー残量を教えてくれます。

 

バッテリー残量が少なくなると...

バッテリー残量のパーセント表示はされませんが、残量が20%以下になるとバッテリーアイコンが黄色になります。

このとき「低電力モード」にするか表示されると思いますが、低電力モードにすると以下の機能が制限されてバッテリーの持ちが長くなります。

  • iPhone 12 モデルの 5G (ビデオストリーミングは除く)1
  • 自動ロック (デフォルトは 30 秒後)
  • ディスプレイの明るさ
  • ProMotion ディスプレイ搭載モデルの iPhone/iPad のディスプレイのリフレッシュレート (最大 60 Hz に制限)2
  • 一部のビジュアルエフェクト
  • iCloud 写真 (一時的に停止)
  • 自動ダウンロード
  • メールの取得
  • App のバックグラウンド更新

充電してバッテリー残量が80%以上になると自動的に低電力モードはオフになります。

その前に低電力モードをオフにしたい場合は、「設定」の「バッテリー」から「低電力モード」をオフにしてください。

 

3パターンほどご紹介しましたが、一番しっくり来るものを利用してみてください。

しっくりくるってなんだ(笑)

ちゃお!お腹すいた

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人。 パソコン歴:24年/スマホ歴:8年/VOD廃人歴:4年。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていく。 少しでもあなたのお役に立てたらとんでもなく嬉しい。 質問などはお気軽に。 レビューのご依頼などもお待ちしています。 お問い合わせはこちら

-iPhone, iPhone Tips
-,