https://it-media2.net

タブレット

「realme Pad」正式発表!薄型ボディのAndroidタブレット 動画鑑賞にはあり?

RealMe初のタブレットとなる「realme Pad」がインドにて正式発表された。

SoCがMediaTek Helio G80でスペック的にはかなり低いが、10.4インチWUXGA+(2000×1200)液晶で価格も2万円台と安価なので、動画鑑賞や電子書籍用にはアリかもしれない。

が、私ならiPad買う...

「realme Pad」のスペック

SoCはMediaTekのHelio G80。一応ミドルレンジという位置づけだけど、性能的には1万円台のローエンドスマホに搭載されているようなSoCなので、スペックは低い。仕事や趣味でガンガン使いたいなんてのは無理と思ったほうがいい。

RAMは3GB/4GBで内部ストレージが32GB/64GB。今の時代、3GBじゃモッサリしてどうしようもないので、4GBは必要だろう。

カメラは両面ともに800万画素で顔認証を搭載。

ディスプレイは10.4インチWUXGA+(2000×1200)で本体重量は440g、厚さは6.9mmと薄くて軽く持ち運びに便利。

Dolby Atmosに対応したクアッドスピーカーを搭載。ディスプレイとスピーカーはまあまあ。この辺を考えるとやはり動画視聴に適しているのかと。

バッテリーは7100mAhで18Wの急速充電に対応している。

OSはAndroidベースの独自OSである「Realme UI for Pad」。このへんは好み分かれそうだね。

LTE対応モデルの対応バンドなどは現在まだ公開されていないため、わからず。

 

OS
realme UI for Pad(Android 11)
SoC
MediaTek Helio G80
メモリ
3/4GB
容量
32/64GB
画面
10.4型 (2000×1200)WUXGA+
カメラ
800万画素
バッテリー
7100mAh 18W急速充電
重さ
440g
厚さ
6.9mm
スピーカー
Dolby Atmos対応クアッドスピーカー

 

「realme Pad」の価格

  • 3GB/32GB Wi-Fiモデル 13,999ルピー(約2.1万円)
  • 3GB/32GB LTE対応モデル 15,999ルピー(約2.4万円)
  • 4GB/64GB LTE対応モデル 17,999ルピー(約2.7万円)

購入するのであれば4GB/64GB LTE対応モデル一択。3GB/32GBじゃモッサリしてイライラするだろう。

「realme Pad」総評

どうしてもSoCが貧弱なので、使う用途は限られてくると思う。

RealMeもなんとなく大人向けというよりは子供向けのタブレットという感じで売り出しているような気もする。

SoCが貧弱なので仕事やイラストなどの趣味で使うには無理があるが、ディスプレイとスピーカーはそこそこなので、動画鑑賞や電子書籍を読むにはアリかな。

軽量薄型なので持ち運びも楽そうだし。

ただそうなるとコスパが高いかと言われるとそんなでもないかなと。

私ならもう少し金だして迷わずiPad買う。4GBモデルだと約2.7万円なので、あと1万くらい出せばiPad買えるからね。

今回はインドでの発売だけど、そのうちグローバルバージョンも出すのかな?

選択肢が増えるのは嬉しいことなので、頑張って欲しいものですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人。 パソコン歴:24年/スマホ歴:8年/VOD廃人歴:4年。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていく。 少しでもあなたのお役に立てたらとんでもなく嬉しい。 質問などはお気軽に。 レビューのご依頼などもお待ちしています。 お問い合わせはこちら

-タブレット
-