タブレット

UMIDIGI A11 Tabがリリースされたものの、低スペック過ぎていらない...

格安のスマホでお馴染みのUMIDIGIから新タブレット「A11 Tab」がリリースされた。

UMIDIGIといえばとにかく安いので有名だが、UMIDIGI A11 Tabに関してはスペックの割にたいして安くはなく、かなり残念なモデルになっている。

UMIDIGI A11 Tab

UMIDIGI A11 Tabのスペック

OS
Android11
SoC
Helio P22
RAM
4GB
容量
128GB eMMC
ディスプレイ
10.4インチ 2,000×1,200 WQXGA
バッテリー
8,000mAh
カメラ
リア1.6MP フロント8MP
Wi-Fi
802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth
Bluetooth5.0
対応バンド
●4G: FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28A/28B/B66TDD-LTE: B34/38/39/40/41●3G: WCDMA: B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19●2G: GSM: B2/B3/B5/B8
重さ
527g
その他
LTE対応(nano sim×2)

まずSoCがHelio P22という超低スペックモデルなため、やれることは相当限られる。

仕事で使うのはまず無理だし、イラストも難しいだろう。

ディスプレイは10.4インチの2,000×1,200 WQXGAでスピーカーも4つ搭載とのことなので、基本的には動画視聴か電子書籍リーダーがメインになるのかな。

バッテリーは8,000mAhと結構優秀。

UMIDIGI A11 TabはLTE対応なんだけど、日本の主要バンドには対応している。

正直、バッテリーとLTE対応くらいしか売りポイントはない。

UMIDIGI A11 Tabの価格

AliExpressでセールが開催されている。

AliExpress.com Product - 【World Premiere】UMIDIGI A11 Tab Android 11 10.4" 2K Display Helio P22 4GB 128GB 8000mAh Mega Battery Tablet PC

キーボードなしモデル:249.99ドル(約2.7万円)

キーボード付きモデル:294.10ドル(約3.2万円)

このスペックで約2.7万円とコスパは最悪。正直わざわざ購入するメリットはなにもない。これならもう少しお金を出してiPadを購入しよう。

また、キーボード付きモデルも出ているが、このスペックでキーボードが付いても、まともな使い方はできないと思うのでいらないかな。

UMIDIGIだからっていうのもあるけど、このスペックなら1万円台で出してほしかったですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人。 パソコン歴:24年/スマホ歴:8年/VOD廃人歴:4年。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていく。 少しでもあなたのお役に立てたらとんでもなく嬉しい。 質問などはお気軽に。 レビューのご依頼などもお待ちしています。 お問い合わせはこちら

-タブレット
-