https://it-media2.net

iPhone

AirPodsを片方なくした場合の対処法!保証でもらえるの??

2019年6月29日

この前高校時代の友人が「AirPodsを片方なくしたんだけど...」と、この世の終わりみたいな顔をして言ってきました。

こいつはデジタル機器にめっぽう弱いのでどうしたらいいのか泣きついてきたのですが、AirPodsをなくしてしまった場合、二通りの対処法があります。

AirPodsは高いだけあってそのへんの対策も取られていますので、落ち着いて今回の記事を参考に対処してみて下さい。

「iPhone を探す」で探す

iPhoneをなくした場合「iPhone を探す」という機能を使って探すと思いますが、AirPodsもこの「iPhone を探す」を使って探すことが可能です。

普段同期しているiPhoneから操作をおこないます。

詳しくはAppleのサポートサイトを参照して下さい。

AirPods をなくした場合

充電が切れたりしていても、最後に通信が途絶えた場所を表示してくれるので、大体の位置はわかると思います。

どこかの店で落としてきたとかなら保管しておいてくれている可能性がありますが、道端で落とした場合は早いとこ探しに行かないと発見は厳しいかもしれません。

「あれ、AirPodsがない!」と気づいたらすぐに「iPhone を探す」で場所を探索してみて下さい。

AirPodsを片方だけ購入する

AirPodsはAppleから片方だけ購入できます。

バッテリー 保証対象外修理料金 紛失
AirPods 5,400円(片方) 7,800円(片方) 7,800円(片方)
Charging Case 5,400円 6,800円 6,800円
Wireless Charging Case 5,400円 7,800円 8,800円

片方だけの購入で7,800円です。高い...

まあでもなくしてしまって見つからない場合は購入するしか手立てはありません。

いくら保証期間内でも紛失は流石に保証対象外になります。

Appleの「AirPods の修理サービス」ページから修理サービスに申し込んで下さい。

AirPods の修理サービス

Apple Storeのサポートは基本的に事前予約制になります。これがちょっと厄介で、混雑期になるとすっごい先まで予約が取れないこともありますので、なるべく早く予約しましょう。

AirPodsを絶対になくしたくない場合

AirPodsは2万くらいしますので、なくしたら相当の痛手ですよね。

どうしてもなくしたくない!って場合はネックストラップを付けるという方法があります。

「これをつけたら完全独立型の意味がなくなるよな」とツッコミを入れたくなりますが、なくしたくない場合には検討してみてください。

まとめ

今回は「AirPodsを片方なくした場合の対処法!保証でもらえるの??」をご紹介しました。

「iPhone を探す」で探せるのは便利ですよね。いざという時の場合に覚えておいて下さい。

個人的には完全独立型のイヤホンはあまり好きではないです。落としそうって心配なのもあるのですが、それ以上に気軽に取り外しができないのが嫌なんですよね。ケーブルがあれば首にかけておけるので。

ジョギングの時とかケーブルが邪魔くさいときもあるのですが、それでもやっぱり完全独立型はまだ抵抗があったりします。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人。 パソコン歴:24年/スマホ歴:8年/VOD廃人歴:4年。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていく。 少しでもあなたのお役に立てたらとんでもなく嬉しい。 質問などはお気軽に。 レビューのご依頼などもお待ちしています。 お問い合わせはこちら

-iPhone
-