NEWS

バルミューダのスマホ「BALMUDA Phone」が一時販売停止 買取価格も悲惨

鳴り物入りで発売されたバルミューダのスマホ「BALMUDA Phone」が技術適合証明の認証に確認すべき事項があるとのことで一時販売停止になっている。

製造委託先である京セラからの報告により、技術基準適合証明の認証について確認すべき事項があることが分かった為だ。

なお、現在利用している端末で機能的な問題は特にないとのこと。

まあ、技適の問題って今までも結構あって、それほど珍しいことでもないんだけど、なにかとネガティブな話題の多い「BALMUDA Phone」だけに大きなニュースになっている。

少し気になって「BALMUDA Phone」の現在の買取価格を調べてみたところ、イオシスでは買取価格が0円。これは今回の技適の問題があるから一時的なものだとは思うが...

じゃんぱらでは未使用品の上限買取価格が37,000円とのこと。

SIMフリーバージョンの場合、定価が10万4800円なので、それを考えると凄まじい下落ぶり。

すでに厳しい感じだが、バルミューダは2号機3号機の開発はすでに始まっているとのコメントもあったので、大丈夫なのかちょっと心配になる。

ぶっちゃけ、スマホに求めるのってデザインよりもやっぱスペックなんだよね...

そもそもデザインもなんだかダサいし。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人。 パソコン歴:24年/スマホ歴:8年/VOD廃人歴:4年。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていく。 少しでもあなたのお役に立てたらとんでもなく嬉しい。 質問などはお気軽に。 レビューのご依頼などもお待ちしています。 お問い合わせはこちら

-NEWS
-