https://it-media2.net

モバイルバッテリー

【cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh レビュー】超コンパクトなPD対応モバイルバッテリー!

こんにちは!モバイルバッテリーがなければやっていけないゼロシキ(@LifeEdge_info)です。

「モバイルバッテリーが欲しいけど、大きくて重いから持ち運ぶの面倒くさいんだよな~」なんて方は多いでしょう。

それでも今やモバイルバッテリーは必需品になっていますので、ひとつも持たないというのは何かと不安ですよね。

大事な連絡が必要なときに限ってスマホの充電が切れたりしたら最悪です。

そこでオススメなのが今回ご紹介する「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh」です。

スティック型の超コンパクトなモバイルバッテリーになります。

50000mAhなので大容量ではありませんが、iPhone11なら1回フル充電できますし、しかもPD対応なので高速充電が可能です。

最近はスマホ自体のバッテリーの持ちも良いので、あまりハードな使い方をしないのであれば、これひとつで十分でしょう。

なによりカバンの中に入れておいても、小さくてコンパクトなのでまったく邪魔になりません。万一の予備用にモバイルバッテリーが欲しいという方にはピッタリの製品になっています。

それでは早速「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh」についてのレビューをしていきますので、ご購入の際の参考にして頂ければ幸いです。

本記事はメーカー様から商品をご提供頂いて作成しています。

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAhの外観と同梱品

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAhはPD18W対応のモバイルバッテリーになります。

スティック型のコンパクトモバイルバッテリーなので、カバンに入れても邪魔になりません。

入出力はPD18W対応のUSB-Cポートと最大5V-2.4AのAuto-IC搭載USB-Aの出力ポートがあり、コンパクトサイズながら2台同時充電が可能になっています。

Auto-ICとはcheero独自の技術で、接続した機器を自動検知して最大2.4Aで最適な電流を流してくれます。

ゼロシキ
このサイズでPD対応、しかも2台同時充電可能なのは嬉しいですね!

 

サイドには電源ボタンがあります。

電源を押すと残量がデジタル表示されるので、正確な残量がひとめで確認できます。

また、充電中も残量がデジタルで点滅表示されます。

ゼロシキ
どれくらい充電されたのかを確認できるのは超便利で、一度慣れるとLED表示には戻れません!

 

大きさも片手でスッポリ収まるコンパクトサイズ。

しかも125gとめちゃくちゃ軽いです。

同梱品は「PD対応USB-Cケーブル」と「取扱説明書」です。

充電器は付属されていないので別途用意が必要ですが、本体チャージも18WのPDに対応していますので、PD対応充電器を利用すれば高速充電可能になります。PD対応と非対応では充電速度がまるで違うので、もし持っていない方は購入をオススメします。

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAhはコンパクトながらPD対応で2台同時充電が可能

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAhは18WのPDに対応していますので、iPhoneXの場合、45分間で0%から約75%まで充電することが可能です。

もしまだPD対応のモバイルバッテリーを使っていないのでしたら、一度体験してみてください。当たり前ですがPD非対応のモバイルバッテリーとは圧倒的に充電速度が違います。

iPhoneだとiPhone8からはPDに対応していますので、今後モバイルバッテリーを検討するのであれば、PD対応というのは必須になると思います。

また、cheero Power Plus 5 Stick 5000mAhはバッテリー本体への充電もPD18Wに対応していますので、PD対応充電器でチャージすれば約1.5時間でフル充電が可能です。入出力ともに高速充電が可能ってことですね。

これだけコンパクトサイズなのに2台同時充電可能なのもポイント!

USB-AポートはAuto-IC搭載で最大5V-2.4A出力なので、こちらも急速充電可能です。

*ただしcheero Power Plus 5 Stick 5000mAhの最大出力は18Wなので、2台同時充電の場合は出力が低下します。

iPhoneの場合、PDの最大値は18Wなので、iPhone1台を充電するのであれば最大値での充電が可能です。

逆を言えば、最大60W対応のPD製品で充電しても、18Wで充電されることになります。

ではなぜ18W以上の高出力モバイルバッテリーが存在するのかというと、複数台接続した時に出力を落とさず充電できたり、MacBook ProなどのノートPCに充電が可能になったりするからです。

【cheero Power Plus 5 Premium 20000mAh レビュー】最大合計出力90Wの大容量モバイルバッテリー!

最近のモバイルバッテリーはPD対応製品が主流になりつつありますが、PD対応のMacbook ProやiPadなどを高速充電したい場合は大容量&高出力なモバイルバッテリーが必要になってきます。 そんなと ...

続きを見る

なので、もしiPhone1台しか充電しないよというのであれば最大18WのPDに対応していれば十分と言えます。

ノマドワーカーなどでスマホやノートPCなどをたくさん持ち歩いている人はもっと大容量のモバイルバッテリーが良いと思いますが、外で普通にスマホを使うだけで、いざという時のために携帯しておきたいというのであればコンパクトなcheero Power Plus 5 Stick 5000mAhがオススメです。

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh レビュー まとめ

今回は「【cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh レビュー】超コンパクトなPD対応モバイルバッテリー!」をご紹介しました。

私は外で仕事をすることも多く、その場合は大容量のモバイルバッテリーを持ち歩いていますが、プライベートで外出する時は大容量だと大きいので、cheero Power Plus 5 Stick 5000mAhのようなコンパクトなモバイルバッテリーにしています。

仕事とかしないなら、正直これくらいのサイズでも十分ですし、なにより邪魔にならないのは楽チンで良いですよね。

このブログでも色々なサイズのモバイルバッテリーをご紹介していますが、まずはご自分がどういう使い方をするのかを考えてから決めるのが良いと思います。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロシキ

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人です。
パソコン歴:24年/スマホ歴:8年/VOD廃人歴:4年。
IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。 少しでもお役に立てたら嬉しいです。
ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ!
レビューのご依頼などもお待ちしています。
お問い合わせはこちら

-モバイルバッテリー
-,

Copyright© LifeEdge-ライフエッジ- , 2020 All Rights Reserved.