https://it-media2.net

Google WEB

GoogleでQRコードを無料作成する方法

投稿日:

<スポンサーリンク>

最近は少し減ってきたように思うQRコードですが、それでもWEB上で表示させたい場合もあるでしょう。

特に企業系のサイトなどではそうですよね。

QRコードを作成する無料のソフトやサイトなどはありますが、実はGoogleのAPI機能でQRコードが作成できます。

ちなみに、QRコードを専用アプリを使わないで読み取る方法はこちら

今回はその方法をご紹介します。

Google QRコード作成の特徴

GoogleのQRコード作成では、APIを使って動的に作成します。

なので、事前に画像を作成したりする必要もありませんし、作成した画像をサーバーにアップロードする必要もありません。また、QRコードは動的に作成されますので、修正などが非常にラクです。

Google QRコード作成手順

Google Chat APIを使用して作成しますが、APIと言っても難しい作業ではありませんのでご安心下さい。

URLの作成

Google Chat APIを呼び出すためのURLを作成します。

「http://chart.apis.google.com/chart」に続いて、QRコードに含めるパラメータを指定します。

パラメータ

[cht=qr]:QRコードを作成しろというものなので、常に付けるようにしてください。

[chs=150x150]:画像サイズの指定。この場合は縦横150ピクセルの画像を作成。

[chl=]:QRコードに含める文字列指定。

作成サンプル:「http://chart.apis.google.com/chart?cht=qr&chs=150x150&chl=https://it-media2.net/」

縦横150ピクセルで「https://it-media2.net/」の文字列を出力します。

これを作成したら、実際にWEBサイトに貼り付けます。

WEBサイトに貼り付ける

img要素でWEBサイトに貼り付けます。

<img src="http://chart.apis.google.com/chart?chs=150x150&cht=qr&chl=https://it-media2.net/" alt="QRコード">

実際に出力したものがこれです。
QRコード

このサイトはWordPressで作成していますが、上記のコードをテキストに貼り付ければそのまま出力されます。

これはGoogle Chat APIですので、画像データではありません。動的に作成されています。

なので、もし修正があれば、先ほどのコードを修正してあげれば良いだけです。

今回はWEBサイト出力メインでの解説ですが、もちろんこれを画像データとして保存し、ほかで利用することも可能です。

日本語を含ませたい場合

おそらくあまり使わないと思いますが、日本語を含めることも可能です。

ただしその場合、日本語をURLエンコードする必要があります。

URLエンコード変換サイト

[テスト]という文字列を変換すると「%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%0d%0a」になりますが、これを先ほどのchlに指定するだけです。

「http://chart.apis.google.com/chart?cht=qr&chs=150x150&chl=%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%0d%0a」

まとめ

今回は「GoogleでQRコードを無料作成する方法」をご紹介しました。

これはあくまでWEB上で出力する方法になるので、画像データとして出力したい場合は、作成ソフトを使用したほうが良いと思いますが、WEBに出力する場合はこちらのほうが何かと都合が良いです。

画像をアップロードする必要もありませんし、修正もすぐにおこなえますのでオススメです。

少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Google, WEB
-, ,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.