iPhone

iPhoneでテキストデータの読み上げをしてもらう方法!本を自動読み上げで聞こう!

投稿日:

<スポンサーリンク>

最近はオーディオブックといって、本の内容を声優さんが読み上げたものを配信しているサービスも徐々に広まっていますが、iPhoneにはテキストを自動で読み上げてくれる機能があります。

この機能を使えば、サイトの内容を読み上げてくれるので、寝っ転がって聞くことができます。

小説系のサイトや青空文庫などのデータを読み上げてもらえば、もはや読まなくても良くなります。寝落ちするのにも最高です。

簡単な設定でできるようになるので、ぜひ参考になさってください。

iPhoneのスピーチ機能をオンにする

iPhoneの「設定」>「一般」の中の「アクセシビリティ」をタップ。

「スピーチ」をタップ。

「選択項目の読み上げ」と「画面の読み上げ」をタップ。

これで設定は完了です。

スピーチ機能を使って読み上げてもらう

あとは読み上げをおこないたいサイトにSafariでアクセスし、画面上部から下に二本の指でスワイプしてください。

すると音声のコントロールが出現し、自動的に読み上げがはじまります。

ウサギとカメのアイコンがありますが、「ウサギ」は読み上げ速度を早く、「カメ」は読み上げ速度を遅くします。

選択範囲だけの読み上げもできます。テキストを選択し「読み上げ」をタップします。

声を男性などに変更もできます。その場合は先ほどの「スピーチ」の設定画面から変更してください。

ちなみに、Kindleなどは画像データなので読み上げることはできません。あくまでテキストデータになります。

まとめ

今回は「iPhoneでテキストデータの読み上げをしてもらう方法!本を自動読み上げで聞こう!」をご紹介しました。

「小説家になろう!」などのサイトも読み上げできるので、オーバーロードのWEB小説版も聞くことができます。どうしても機械音ぽくなりますが、十分聞くことが可能です。ただ、たまに読み間違いがあるのがご愛嬌ってことで。。。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロ

ゼロ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動しています。
IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。
少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

-iPhone
-,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.