https://it-media2.net

iPhone

iPhoneのリマインダーを使って、忘れ物をしなように管理する方法!

<スポンサーリンク>

通常、リマインダーは指定した日時になると通知してくれるものです。iPhoneに限らずAndroidのアプリでもそのような使い方がメインかと思います。

ですが、iPhoneの場合は日時を指定して通知させるだけではなく、場所を指定して通知させることもできます。

この機能を使えば忘れ物の管理ができますので、「よく忘れ物をして困る」なんて人はぜひ利用しみてください。

リマインダーで場所を設定する

iPhoneのリマインダーでは、設定した場所を出発したり、到着した時に通知をしてくれる機能があります。それを利用して忘れ物をしないように設定してみましょう。

まずはiPhoneの標準アプリである「リマインダー」を開きましょう。

ここに忘れたくないものを登録します。いくつでも登録可能です。登録したら横の「i」マークをタップします。

「指定場所で通知」をオンにしてから「場所」をタップします。

「現在地」を指定したい時は「現在地」をタップ。住所を指定したい場合は検索をしてください。

場所を指定すると地図上に円形の表示が現れます。この円は初期状態だと半径100m以内になっています。これが最小範囲になります。この範囲を出ると通知が来るわけです。範囲を広げたい場合は黒い点をスワイプして広げてください。

ちなみに、「到着時」に通知とすることもできます。この範囲に到着すると通知がくるわけです。

なので、会社帰りのお店で買い物予定なんかあった場合に、登録しておけば忘れることもありません。

こんな感じで、忘れ物に限らず色々なことに応用が効きます。ぜひ利用してみてください。

まとめ

今回は「iPhoneのリマインダーを使って、忘れ物をしなように管理する方法!」をご紹介しました。

こういうちょっとした便利機能が豊富なのがiPhoneの良いところですよね。

大事な予定があるときなど、事前にその日必要なものを登録しておけば、うっかり忘れるなんてことも防止できますよ。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロ

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD廃人です。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。 少しでもお役に立てたら嬉しいです。 ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ! お問い合わせはこちら

-iPhone
-,

Copyright© LifeEdge-ライフエッジ- , 2019 All Rights Reserved.