https://it-media2.net

iPhone

iPhoneで「ウィルスが検出・感染した」などのポップアップは無視!対処法って?

投稿日:

<スポンサーリンク>

iPhoneでサイトを閲覧していると、突然「ウィルスが検出されました」「ウィルスに感染しました」などのポップアップ表示が出たことはないでしょうか?

これは以前別の記事で紹介したAndroidの警告表示と同じパターンです。

今回はこの対処法をご紹介します。

iPhoneで「ウィルスが検出・感染した」などのポップアップが表示される

iPhoneでサイトを閲覧中に、いきなり下のようなポップアップ表示がされて焦ったことはないでしょうか?

ウィルスが検出だとか感染したとか不安を煽る言葉が書かれています。

前は怪しいサイトに行くとこういうのが出てきましたが、最近では普通な感じのサイトでも出てきたりしますので要注意です。

本当に感染したのか?

では、ほんとにウィルスが検出されたり、感染したりしたのでしょうか?答えはNOです。

これは、OKボタンをタップするとAppleStoreに飛ばされ、セキュリティソフトをインストールさせようとします。

なぜそんなことをするのか?

簡単です。これは広告だからです。いわゆるアフィリエイトですね。この表示経由でアプリがインストールされると、これを設置した人に報酬が入る仕組みです。

なので、ウィルスに感染しているわけではありません。

もしアプリをインストールしてしまったらどうなるのでしょうか?

これも問題ありません。なぜならiPhoneはAppleStoreに登録されたアプリしかインストールできないからです。

Androidだと野良アプリといって、プレイストア以外からもインストールできるのですが、Appleはできません。変なアプリは登録できませんので、これも心配しないでいいです。

ちなみに、Androidではこのような表示が出ます。「ご使用のバッテリーがひどく損傷しました!」とこれまた不安を煽る表示です。しかも警告音を出したりするんで厄介です。

これも無視でOKです。

対処法

結論としては、この表示がでても無視して閉じてしまえば良いですし、もしアプリをインストールしたとしてもアプリを削除してしまえばOKです。

そもそもiPhoneでそんな簡単にウィルスに感染することはありませんので、大丈夫です。

特になにか害はないのですが、気分は悪いですよね。しかもこんなんで報酬が支払われていることに怒りを覚えます。

まとめ

今回は「iPhoneで「ウィルスが検出・感染した」などのポップアップは無視!対処法って?」をご紹介しました。

今回の件に限らず、不安を煽って行動させるのは詐欺師の常套手段です。世の中の詐欺はほとんどそうです。

なので、やたら不安を煽るようなことを言われたりやられたりした時は、まず冷静になって疑いましょう。

少し考えればすぐに怪しいとわかるはずです。

騙すほうが100%悪いのですが、騙される人がいなければこういう輩もいなくなるので、日頃から気をつけるようにしましょう。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

-iPhone
-,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.