https://it-media2.net

Android Windows アプリ

AndroidからWindowsの共有フォルダが参照できない時の対処法

投稿日:

<スポンサーリンク>

Androidのファイル参照アプリである「ES File Explorer」や「ファイルマネージャー」などから、Windowsの共有フォルダにアクセスしてエ○動画を参照したりすることはよくありますが、いつの頃からこれらのアプリからWindowsPCへログインできなくなりました。

これじゃ~エ○動画ライフが捗らん!

ということで、今回はAndroid端末からWindows共有フォルダのアクセスの方法をご紹介します。

Android端末からWindows共有フォルダにアクセスできない原因

原因は、使用するAndroidアプリがSMB2.0という通信プロトコルに対応していないからです。

Windowsの古いバージョンはSMB1.0を使用していたのですが、この脆弱性を悪用され、「WannaCry」というすごい厄介なウィルスが流行してしまいました。

そこでWindowsはSMBのバージョンを2.0、3.0と上げていったのです。

なので、AndroidのアプリがSMB2.0以上に対応していないと、通信ができないわけです。

Android端末からWindows共有フォルダにアクセスする方法

アクセスする方法は2つあります。

SMB2.0対応アプリを使う

アプリがSMB2.0に対応していないわけですから、対応しているアプリを導入してしまえばOKです。

SMB2.0に対応している無料のファイルマネージャーアプリと言えば、「X-plore」です。

X-plore File Manager

X-plore File Manager
開発元:Lonely Cat Games
posted withアプリーチ

少し使い方が独特ですが、共有フォルダにアクセスするくらいならすぐに使えると思います。

ただし、この「X-plore」で動画ファイルを再生すると、15分過ぎたあたりから左上に変なアイコンがでてきます。

これが地味に邪魔。

これはどうやら「寄付してね!」ってアピールらしいんだけど、正直ウザい。無料なんでなんとも言えませんが。。。

WindowsでSMB1.0に対応させる

WindowsでSMB1.0に対応するように設定すれば、Androidの「ES File Explorer」や「ファイルマネージャー」で普通に共有フォルダにアクセスできるようになります。

ただし、先ほども言ったように、SMB1.0はセキュリティ上問題があります。

今はセキュリティパッチで大丈夫なようですが、何が起こるかわかりません。

それでもOKという方は以下の方法で設定して下さい。

「コントロールパネル」から「プログラムと機能」を選択。

「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択。

「SMB1.0CIFSファイル共有のサポート」にチェックを入れればOKです。

まとめ

今回は「AndroidからWindowsの共有フォルダが参照できない時の対処法」をご紹介しました。

なぜかAndroidで出回っているファイルマネージャーアプリってSMB2.0に対応していないのが多いです。ほとんどの人がSMBのことなんて知らないんだろうから、いい加減早く対応して欲しいものです。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

-Android, Windows, アプリ
-, ,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.