https://it-media2.net

Android IT スマホ

スマホを監視カメラ代わりにする方法<Alfred>

更新日:

<スポンサーリンク>

「家の中の、ペットや赤ちゃんの様子を監視したい」
「事務所の防犯に監視カメラを導入したい」
でも、市販の監視カメラは高くて、簡単には導入できませんよね。

そんな時は手持ちのスマホやすでに使わなくなったスマホを
監視カメラにしちゃいましょう!

監視している映像は、PCのブラウザやもう一台のスマホで確認できます。

設定はとても簡単。

今回はスマホを監視カメラにする方法をお伝えします。

<スポンサーリンク>

監視カメラアプリ「Alfred」をインストールする

まずはスマホで監視カメラのアプリである
「Alfred」をインストールします。

iPhone版

Android版

Alfredはgoogleのアカウントでログインしますので、
もしgoogleアカウントを持っていない方は
あらかじめ作成しておいて下さい。

アプリのインストールをすると、
googleアカウントでのログインを要求されるので、
お使いのアカウントでログインしてください。

その後、そのスマホを「カメラ」として使うか、
「ビューワー」として使うかを選択します。

「ビューワー」はカメラの監視映像を見る場合に選択します。

もし監視映像をPCだけで見る場合は、
スマホの設定は「カメラ」にします。

2台のスマホを使う場合は、
それぞれのスマホにアプリをインストールし、
「カメラ」か「ビューワー」かを選択するだけです。

*カメラ側、ビューワー側、それぞれ同じgoogleアカウントでログインしてください。

カメラの設置と監視

インストールが完了したら、
カメラ側のスマホを三脚などで固定して
アプリを起動します。

こんな感じ。

Jpeg

ビューワー側のスマホのアプリを起動して、
映像を確認します。

Screenshot_2017-02-02-21-28-43

ビューワー側のスマホはこんな感じ。

多少画質は荒いですが、確認するには十分なレベルです。

マイクのマークをタップしながら話すと、
カメラ側のスマホから音声が出ます。

不審者に警告したり、
愛犬に話しかけたりとかできるわけですね。

ビデオマークをタップすると、
映像をキャプチャできます。

「侵入者だ!」って時はこれで証拠を撮ります。

「>」のマークをタップするとこんな画面に。

Screenshot_2017-02-02-21-28-56

左から、画面の向きを変える、
カメラをフロントからバックに切り替え、
カメラ側のスマホのライトをON、
ナイトモード
となります。

これらをすべて遠隔で操作できるわけです。

すごい!

また、動体検知機能がありますので、
監視カメラ側で動きを検知した場合、
ビューワー側のスマホに通知してくれるとともに、
キャプチャもしてくれます。

防犯カメラとして使う場合、
これはかなり使えますよね。

ビューワーをスマホではなく、PCのブラウザで行う場合

さて、ビューワーをスマホではなく、PCのブラウザでおこないたい場合ですが、
まず「Alfred」のサイトにChromeかFirefoxでアクセスします。

Alfred公式サイト

同じgoogleアカウントでログインするだけで、
カメラの映像を監視できます。

a

下部の設定画面はスマホの時とほとんど変わりませんが、
「+」マークをクリックすると、
ズームできます。

これで仕事場などからでも簡単に映像を確認することが出来ます。

注意点

カメラ側のスマホですが、バッテリーの減りがかなり早いので、
必ず充電しながらにしてください。

まとめ

監視カメラアプリ「Alfred」をご紹介しました。

アプリをインストールすれば
誰でも簡単に監視カメラを設置することができます。

わざわざ何万円も出して買わなくても、
使わなくなったスマホなどで十分代用できます。

他にも色々な監視アプリがありますが、
使用してみてAlfredが一番使いやすかったです。

アプリによっては同じWiFi環境じゃないと使えなかったりするのですが、
Alfredは外出先でも監視できるので、オススメですよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Android, IT, スマホ
-,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.