Google

<わずか5分!>アドセンス刈りの対処法と防止策

投稿日:

<スポンサーリンク>

アドセンス刈りってご存知でしょうか?

Google アドセンスを不正操作してそのアドセンスアカウントを停止させることですね。

なぜそんなことをするのか?

まあ簡単に言えば嫌がらせです。ライバルサイトにやったり、単に気に入らないからやったりですね。

アドセンスアカウントは一度凍結されると復帰するのは至難の業です。

そこで今回は、そんなことになる前にアドセンス刈りの対処法と防止策を2つご紹介します。

不正クリックの対処法

アドセンスを何回もクリックして不正に報酬を得る行為ですが、第三者にやられると凍結対象になってしまいます。

炎上ブロガーとして有名なイケダハヤトさんは以前これをやられて凍結されたことがあります。

少し前はこれをやられて凍結する人が多かったのですが、今はGoogleのシステムも相当進化しているので、最近はかなり減っています。

Googleも不正クリックは検知できるのでしょう。

減っているとは言え明らかに通常よりもクリック数が多い場合は、不正クリックの可能性があります。

その時は事前にGoogleに不正クリックの恐れがあると報告しましょう。

無効なクリックの連絡フォーム

Googleの方でも調査して、問題なければ特に対策はしないで大丈夫です。

ただし、たまに記事がバズって一気にクリック数が上がる時もあります。なのでクリック数が多い時はアクセス数も必ず一緒に確認しましょう。

コードの不正転載の対処法

アドセンスコードを盗んで、ほかのサイトに貼り付ける不正転載もちょっと前までは報告されていました。

対象のアドセンスコードをサイトの情報から盗み、それをアダルトサイトなどに転載してアカウントを凍結させる手法です。

アドセンスコードなんてわかるの?と思うかもしれませんが、ほんの少し知識があれば簡単にわかります。

ただし、最近のアドセンスは事前にサイトを追加して承認されないと広告が表示されませんので、不正転載されても問題ありません。

問題ないと言っても、もし転載されていたら、Googleには報告しておきましょう。

サイトの追加方法ですが、アドセンスの管理画面から「サイト」>「サマリー」で「サイトを追加」できます。

昔は一度通過してしまえば色んなブログに掲載できたのですが、承認が必要になったのでそれは駄目になりました。

そのかわり不正転載がなくなったので良かったのですが。

アカウントの凍結はポリシー違反が多い

最近はアドセンス刈りもかなり少なくなりました。

正直なところ、凍結の危険性は圧倒的にポリシー違反によるところが大きいです。

アダルト系は一発で凍結されます。

これは誰しも認識していると思いますが、意外とやってしまいがちなのが著作権違反の画像転載です。

トレンドブログなどに多いですが、芸能人の画像を大量に貼っているようなブログは危険です。

「出典」とか書いとけば大丈夫と言う人もいますが、そんな簡単な問題じゃないので、著作権に明らかに違反している場合は画像は削除しておきましょう。

ようは健全でクリーンなブログを運営しろってことですね。

今一度ご自分のブログでポリシー違反がないか確認しておいてください。

まとめ

今回は「<わずか5分!>アドセンス刈りの対処法と防止策」をご紹介しました。

不正クリックはだいぶ減ったとは言えまだありますので、明らかにおかしい時はすぐにGoogleに報告しておきましょう。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロ

ゼロ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動しています。
IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。
少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

-Google
-

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.