iPhone

2台のiPhoneを同期させない方法!複数iPhoneの同期解除

仕事用とプライベート用などでiPhoneを2台持っている人は多いと思います。

私はサブ機としてiPhoneを3台使用しているのですが、AppleIDが同じだと初期状態では全部データが同期されちゃうんですよね。

便利な半面、それぞれ別の役割を持たせたいのに、全部同じデータになってしまうので、正直複数のiPhoneを持っている意味がなくなってきます。機種が違うってだけで、中身が一緒ですからね。

特に仕事とプライベートで分けて使っている人は連絡先や各種データが同期されちゃうと困る人は多いと思います。

なので今回は2台のiPhoneの同期を解除する方法をご紹介します。

動画バージョンはこちら

複数のAppleIDを持てば同期はされない

AppleIDが同じiPhone同士だと同期されてしまうので、早い話がAppleIDを別々に持てば同期されることはありません。

それでもいいのですが、複数のAppleIDを持つと管理が大変ですし、支払い方法や個人データ、紛失時の探すアプリでの共有などができなくなるので、それはそれで面倒くさいことになります。

Appleも複数のAppleIDの所有は推奨していません(複数ID持つことは違反ではありません)

なので、少し手間ですが、一つずつ同期を解除していきましょう。

iCloudの設定から同期を停止

iCloudで同期されているアプリの同期を停止しましょう。

1.iPhoneの「設定」から自分の名前の部分をタップ

 

2.「iCloud」をタップ

 

3.ここで同期を停止したいアプリをオフにしましょう。

 

Appの自動ダンロードの同期を停止

一つのiPhoneでダウンロードしたアプリをほかのiPhoneでも自動でダウンロードする機能を停止します。

1.iPhoneの「設定」から「AppStore」をタップ

 

2.自動ダンロードのところの「App」をオフにしてください。

 

メッセージの同期をオフにする

メッセージも初期状態だと同期されているので、邪魔くさい人は解除しておきましょう。

1.iPhoneの「設定」から「メッセージ」をタップ

 

2.「iMessage」をオフにしてください。

 

通話の同期を停止

個人的にはこれは一番邪魔くさいのですが、メインのiPhoneに通話がかかってくるとサブのiPhoneにも着信されます。子機みたいな感じになるんですね。家に複数のiPhoneがあると全部なるのでかなりうっとおしいです。

邪魔くさい人は切っておきましょう。

1.iPhoneの「設定」から「電話」をタップ

 

2.「ほかのデバイスでの通話」をタップ

 

3.「ほかのデバイスでの通話を許可」をオフにしてください。

 

FaceTimeの同期の停止

同じくFaceTimeの同期の停止です。

1.iPhoneの「設定」から「FaceTime」をタップ

 

2.着信したくない番号のチェックを外してください。

まとめ

iPhoneの同期は便利といえば便利なのですが、全部同じ設定になるので、あまりサブ機を持っている意味がなくなってしまいます。

すべての同期を解除する必要はありませんので、都合の悪いものだけ解除してみてください。

今回は以上です。

よいiPhoneライフを!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人。 パソコン歴:24年/スマホ歴:8年/VOD廃人歴:4年。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていく。 少しでもあなたのお役に立てたらとんでもなく嬉しい。 質問などはお気軽に。 レビューのご依頼などもお待ちしています。 お問い合わせはこちら

-iPhone
-, ,