https://it-media2.net

Windows セキュリティ

USBメモリにパスワードを設定する方法3選!

投稿日:

<スポンサーリンク>

「仕事の大事なデータをUSBで持ち歩いているけど、紛失した場合のデータ流出が心配」

そんなことありませんか?

最悪紛失してもパスワードなどのセキュリティ対策ができれば、最悪の事態は避けられます。

そこで今回はUSBメモリにパスワードを設定する方法を3つご紹介します。

<スポンサーリンク>

パスワード機能のついたUSBメモリを使う

一番手っ取り早いのはパスワード機能付きのUSBメモリを使うことです。

通常のUSBメモリよりも若干高いですが、16GBで2千円ちょっとなのでバカ高いわけでもないです。

USBメモリ自体にパスワード入力キーが付いている変わったものもありますよ。

BitLockerを使う

BitLockerとはWindowsの機能の一つで、ドライブを暗号化するものです。

ただしWindowsのすべてのバージョンで使えるわけではありません。

BitLocker対応バージョン


・Windows 7 Ultimate/Enterprise
・Windows 8 Pro/Enterprise
・Windows 8.1 Pro/Enterprise
・Windows 10 Pro/Enterprise
・Windows Server 2008 R2
・Windows Server 2012
・Windows Server 2012 R2
・Windows Server 2016

暗号化するのは上記のバージョンが必要なのですが、解除は下位のバージョンでも大丈夫です。

そうは言っても会社のPCのがHOMEとかだと勝手にアップグレードも難しいと思うので、最初からProバージョンを持つ人に限られますね。

もし個人のPCなどでアップグレード可能ならしても良いかもしれません。ProにするとWindowsの更新による強制再起動とかも停止できたり、なにかと細かい設定がおこなえて便利ですよ。

今後PCを買う予定ならはじめからProにするのもありでしょう。

Windows10 HomeからProへのアップグレードはWindowsストアから「¥13,824」でおこなえます。

BitLockerの使い方に関してここでは詳しく説明しませんが、対象のUSBメモリをエクスプローラー上で右クリックして「BitLocker を有効にする」を選択し、あとは支持に従ってパスワードなどを設定するだけです。

解除は設定したパスワードを入力するだけなので、とても簡単です。

BitLocker はUSBメモリ以外にも色々と使えますので、結構便利です。

パスワード設定ソフトを使う

最後は専用のソフトを使う方法です。

何個か出ていますが、「USBメモリのセキュリティ」というソフトが有名です。

完全無料で使えたら文句ないのですが、残念ながら無料版は4GBまでしか対応していません。

まあ、社内の文書データとかだけなら4GBあればなんとかなると思いますが、それでも少し心もとないです。

4GB以上はライセンスを購入する必要があります。

16GBでも1ライセンス4,000円もします。

これならパスワード機能のついたUSBを買ったほうが良いですね。

販売している会社は日本企業のようですが、公式サイトがなんかうさん臭い感じなので、リニューアルしたほうが良いんじゃないかと余計な心配をしてしまいます。

エレコムとかパスワード機能付きのUSBメモリを出しているんだから、安くソフトを販売してくれればいいのにな~・・・。

まとめ

今回は「USBメモリにパスワードを設定する方法3選!」をご紹介しました。

大事な顧客データとかが流出したら大変なことになりますので、そうなる前にぜひ対策をとっておいて下さい。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Windows, セキュリティ
-,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.