Windows

USBメモリの複数パーティションを削除してフォーマットする方法

投稿日:

<スポンサーリンク>

USBメモリにシステム情報などを書き込むと、自動的に複数のパーティションが作成されたりします。

このUSBメモリを再度フォーマットして使用するには、この複数パーティションを一度削除する必要があります。

今回はソフトなどを使わずに、USBメモリの複数パーティションを削除して、新しくフォーマットする方法をご紹介します。

USBメモリの複数パーティションを削除する方法

Windowsのコマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプトはスタートメニューの「windowsシステム」にあります。

コマンドプロンプトで「diskpart」と入力します。するとdiskpart.exeが起動するので、「list disk」と入力。

PCに接続されているディスク一覧が表示されるので、USBメモリのディスク番号を確認します。

「select disk (ディスク番号)」を入力。3なら「select disk 3」となります。このディスク番号を間違えると、他のHDDのパーティションを削除しますので、十分注意してください。

「clean」と入力してパーティションを削除します。

create partition primary」でプライマリパーティションを作成します。

USBメモリをフォーマットする

パーティションの削除が終了したら、再度USBメモリをフォーマットしましょう。

エクスプローラーからUSBメモリを右クリックして「フォーマット」を選択して、開始しましょう。

以上で終了です。

まとめ

今回は「USBメモリの複数パーティションを削除してフォーマットする方法」をご紹介しました。

あっという間に処理は終わりますが、ディスク番号の指定だけは慎重におこなってください。間違えると他のHDDのパーティションが削除され、大変なことになります。

それさえ気をつければ特に難しいことはないと思います。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロ

ゼロ

PCやスマホ、WEBサービスの便利ネタを投稿しています。 少しでもお役に立てれば幸いです。 お問い合わせはこちら

-Windows
-, ,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2018 All Rights Reserved.