https://it-media2.net

Windows WEB

Edgeでファイルがダウンロードできない場合の対処法

WindowsのブラウザシェアはダントツでChromeなので、Edgeを使っているユーザーは少ないと思いますが、単純にページの読み込み速度だけで比較するとEdgeの方が早い気がするので、ネットサーフィンをする時にたまに使ったりします。

さて、そんなEdgeですが、たまにファイルをダウンロードしようとすると、「ダウンロードは安全でないため、Windows Defender smartscreenによりブロックされました」とダウンロードできない場合があります。

ほんとに危険なファイルなら良いのですが、明らかに安全な場合は迷惑このうけないわけです。

そこで今回はEdgeの「smartscreen」をオフにする方法をご紹介します。

smartscreenをオフにする

Edgeの右上にある各種設定アイコンをクリックして「設定」を選択。

「プライバシーとセキュリティ」の項目から「Windows Defender smartscreen」をオンからオフにします。

これでダウンロードできるようになりますが、これをオフにすると悪意のあるファイルもダウンロードできるようになりますので、安全性を確認できているファイルをダウンロードする時だけオフにして、あとは一応オンにしておいてください。

まとめ

今回は「Edgeでファイルがダウンロードできない場合の対処法」をご紹介しました。

Windows Defender SmartScreenは悪意のあるファイルだけでなく、危険なサイトをブロックしてくれたりするので、必要な時以外は必ずオンにしておいてください。

ちなみに、Windows Defender SmartScreenのデモサイトがあります。

https://demo.smartscreen.msft.net/

このURLにEdgeでアクセスすると、各種アラートメッセージなどを確認できますので、参考にしてみてください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人。 パソコン歴:24年/スマホ歴:8年/VOD廃人歴:4年。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていく。 少しでもあなたのお役に立てたらとんでもなく嬉しい。 質問などはお気軽に。 レビューのご依頼などもお待ちしています。 お問い合わせはこちら

-Windows, WEB
-,