https://it-media2.net

家電

パナソニック ドライヤーEH-NE6A購入レビュー!NE69との違いは??

投稿日:

<スポンサーリンク>

先日ドライヤーが壊れました。

TESCOMのTID2000というモデルを使っていたのですが、コードの根本が断線してダメになりました。3年ぐらい使ったかな?

1300Wで1.8立方メートル/分なので、風量十分でしたが、風がぬるいのと音がうるさかったです。

まあそれでもそこそこ満足して使っていましたが、断線したらどうしようもありません。

急遽ケーズデンキを訪れて色々と試した結果、パナソニックのEH-NE6A-PPを購入したので、今回はレビューとNE69やNE5Aとの違いをご紹介します。

ドライヤー購入の条件

今回ドライヤーを購入するにあたっての条件は次の通り。

6,000円以内

安いものから高いものまで色々ありますが、安すぎるのは機能的にも劣るので、最低でも4,000円以上にしました。

また、ドライヤーにそこまで高いお金を出したくもないので、上限は6,000円に。

大風量

とにかく髪を乾かす時間が嫌いなので、大風量ですぐに乾くというのが絶対条件です。

1200w以上で風量は1.8㎥/分以上といのうが最低条件。

音が静か

一人暮らしならどうでもいいのですが、家族と暮らしているので、やはり音は静かなのが良いです。

誰か寝ている時は気を使いますからね。

EH-NA6Aを購入

以上の購入条件を満たすものをケーズデンキに探しに行きました。

音と風量を確認するには実機を触って見るほかありません。

訪れたケーズデンキでは展示されている商品はすべて動作確認することが可能でした。店員さんも寄ってこなかったので、ゆっくり選ぶことができました。

大風量のモデルを片っ端から確認していったのですが、やはり大風量だとどれも音がデカい!

中にはキーンという嫌な音を発するものもあって、とても耳障りでした。

そんな中で風量も強く、音が静かなのがパナソニックのEH-NA6Aでした。静かと言ってもTURBOにすればそこそこうるさいんですが、ほかのメーカーの機種と比べると全然静かな方です。

音の大きさって実際に見てみないとわかりませんので、ネットで購入する前に必ず店舗で確認してみることをオススメします。

値段を確認すると6,980円。予算オーバーです。

で、申し訳ないのですが、ネット価格を調べると4,482円でした。なもので、ネットで購入しました(ノジマオンライン)

ケーズさん、ほんとごめんなさい。。。次はなにか買いますので。

購入した翌日に再度価格コムを確認すると、なぜか価格が高騰し、5,500円くらいになっていました。5店舗くらいは45,000円くらいで売っていたのですが、こんな短期間で売り切れるものなのですね。

EH-NE6A 開封レビュー

ノジマオンラインで注文後、翌日に届きました。早い!

光沢のあるピンクです。重さは約530 g。

「SET」「DRY」「TURBO」の3種類と「HOT」と「COLD」。ごく一般的な仕様です。

正面。両端にある小さな穴からマイナスイオンが放出されます。その周りのメッシュの部分からは冷風がでます。

後ろ。この部分はこまめに掃除しないと、風量が一気に低下します。

グリップの部分に「ION CHARGE」と書かれていますが、この部分を握っていると、マイナスイオンをより髪に引きつけるらしいです。ほんとかな。。。

先端は外れるようになっていますので、こちらもこまめに掃除しましょう。

先端のノズルは風圧をアップさせることが出来るようです。

使用レビュー

実際使用してみて、TURBOにすると若干風がぬるくなるのですが、それで乾きづらいなんてことはありません。

前に使っていたTESCOM製品よりも乾きは早いですね。音もだいぶ静かになりました。

この機種はDRYとTURBOにすると、両側から冷風が出るようになっています。

外側のメッシュ部分から冷風がやんわりと出てきます。

これによりツヤを作れるみたいです。なかなか面白い発想です。

でも、冷風出るんじゃ冷たいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そこまで強い風じゃないので、ほとんど気になりません。

まだ何回も使ったわけじゃないので、マイナスイオンの効果についてはよくわかりません。そもそも私、おっさんなのに超ストレートでツヤもある方なので、マイナスイオン効果は以前からよくわかっていません。まあ、パサついていないので、効果はあるのかな??

音の大きさは動画を撮ってみたので、こちらで確認してみてください。

うるさいな~と思うかもしれませんが、ほかの大風量の機種はこれよりもうるさいのがほとんどでした。

5,000円前後の値段と考えるなら、非常にコスパに優れたモデルです。買ってよかったです。

NE5AとNE6Aの違い

大きな違いは、NE5Aは外側の冷風吹き出しがないのと、マイナスイオン放出口がひとつしかありません。

この差は結構でかいと思います。

風量などは変わらないので乾かす速度が大幅に変わることはないと思いますが、髪のツヤ出しやケアを考えるならNE6Aにしたほうが良いと思います。

毎日使うものですしね。

ケアなんぞどうでもいい!乾かせりゃいい!って人はお値段も手頃ですし、良いと思います。

NE69とNE6Aの違い

とても良く似たモデルでNE69というのがありますが、これはNE6Aの後継モデルのようです。

性能的な違いはほとんどありません。

違いと言えば色くらいですね。

NE69はブラウンとピンクゴールドで、NE6Aはゴールドとピンクです。

値段もあんまり変わらないので、お好きな方で良いと思いますが、一応EH-NE6Aのほうが最新モデルになるので、私ならEH-NE6Aを購入します。

まとめ

今回は「パナソニック ドライヤーEH-NE6A購入レビュー!NE69との違いは??」をご紹介しました。

価格変動が激しいようですが、平均して5,000円くらいで購入できると思います。5,000円なら買って損はないと思います。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロ

ゼロ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動しています。
IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。
少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

-家電
-,

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.