https://it-media2.net

WordPress

WordPressで「何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。」の対処法!

投稿日:

<スポンサーリンク>

WordPressのテーマのカスタマイズで、「公開」をしようとすると「何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。」とエラーが表示され、公開できないことがあります。

時間を置いてもう一度と書かれているので、しばらく時間を置いて試しても、このエラーは表示されてしまいます。

そこで今回はエラーの原因と対処法をご紹介します。

エラーの原因

このエラーは、サーバーでWAF設定をおこなっていると表示されます。

WAFとは外部からの攻撃に対するセキュリティ機能で、多くのレンタルサーバーで搭載されています。

テーマのカスタマイズで内部のファイルを書き換えようとすると、このWAFの機能が働いて弾かれてしまうわけです。

CSSファイルの変更などでおこることが多いです。

WAFが原因なので、WAFをオフにしてしまえばエラーは解消されます。

エラーの対処法

ご契約のレンタルサーバーにログインし、WAFの設定をオフにします。

各レンタルサーバーによって多少の違いはあるものの、セキィリティ設定のところにWAFの設定があるはずです。

ただし、オフにしてWordPressの変更をしたあとは、必ず再度オンに設定し直してください。

今回はロリポップとconoha WINGでの設定方法をご紹介します。

ロリポップの場合

ユーザー専用ページにログインし「セキュリティ」から「WAF設定」をクリック。

あとはWAFを停止したいドメインの横にある「設定変更」を「無効にする」だけです。

WordPressの修正が終わったら、必ず有効に戻しておいてください。

conoha WINGの場合

「サイト管理」の「サイトセキュリティ」から「WAF」を選択し、利用設定をOFFにします。

こちらもWordPressの修正が終わったら、必ずONに戻しておいてください。

まとめ

今回は「WordPressで『何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。』の対処法!」をご紹介しました。

WAFの設定をしていると、予期せぬエラーが出ることが結構あるのですが、もしファイル変更などができない時はWAFの設定を疑ってみてください。

正直邪魔なときもあるんですが、セキュリティ対策はやっておくにこしたことがないので、必ず有効にしておいてください。

WordPressの外部からの不正アクセスって、めちゃくちゃ多いので。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロ

ゼロ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動しています。
IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。
少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

-WordPress
-

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.