スマホ 格安SIM

データ通信SIMで通話ができるようにする方法<SMARTalk>

投稿日:

<スポンサーリンク>

スマホで通話をしたい場合、音声通話SIMに申し込まないとできないと思っていませんか?

実はデータ通信SIMでもIP電話(050)を利用すれば通話は可能です。

050ではじまる電話番号ももらえますので、着信ももちろんOK。

しかも、今回ご紹介する<SMARTalk>なら初期費用、月額費用などは無料で、通話したときだけ料金を払うシステム。なので音声通話SIMとほとんど変わらずに使用できます。

データ通信SIMだけど、通話もできるようにしたい場合、とても重宝しますので、ぜひ参考になさってください。

SMARTalkの利用登録をする

IP電話アプリはいくつかありますが、利用料無料で使用できる<SMARTalk>に登録しましょう。

SMARTalkは楽天コミュニケーションズが運営するIP電話になります。

SMARTalkはiPhone、Android両タイプのアプリですが、利用前に<IP-Phone SMART>で利用登録をする必要がありますので、早速登録しましょう。

IP-Phone SMART

「お申し込みはこちら」から登録します。

まずはメールアドレスの登録をしましょう。

確認のメールが送られてきますので、メールアドレスに記載されている本登録のURLをクリックして登録を続けます。

利用登録には電話番号認証が必要です。携帯でも固定電話でも構いません。もしどちらもない場合は知人に頼みましょう。

認証用の電話番号を入力します。

次に、表示されている050ではじまる電話番号に先ほど登録した電話番号から発信します。認証されたら次へ進みます。

個人情報を入力してください。ここでクレジットの登録があります。こちらから発信しない限りは料金がかかることはありません。残念ながらクレジット以外では登録できません。

これで終了です。続いてSMARTalkのマイページに移動します。「SIPアカウント」と「SIPアカウントパスワード」というのがありますが、スマホの登録に必要になるので、確認しておいてください。とりあえずここまで終わったらスマホにアプリをインストールしましょう。

スマホにSMARTalkアプリをインストールする

スマホにSMARTalkアプリをインストールしてください。

インストールしたらアプリを起動します。すると「SIPアカウント」と「SIPパスワード」の入力画面が表示されますので、先ほどのマイページにあった「SIPアカウント」と「SIPパスワード」を入力します。

これで設定完了です。30分くらいして利用できるようになります。

着信転送/留守番電話設定

利用料無料ながら、転送や留守番電話設定もできます。

マイページの「各種設定」からおこなえます。

非通知・指定番号着信拒否設定

184ではじまる非通知拒否と指定番号の着信拒否設定もできます。

これもマイページの「各種設定」からおこなえます。

非通知着信拒否は「設定する」にしておきましょう。

SMARTalk利用料金

利用料金は30秒8円と安いです。

しかもSMARTalk同士は無料で通話できます。恋人や友人、家族などとも気兼ねなく通話できるようになります。

通常の電話と同じく、着信は無料です。

SMARTalkの注意点

110番などの緊急電話は利用できません。

110番、119番などの緊急電話は使用できません。なのであくまで予備回線と思ったほうがいいです。

使用するにはデータ通信が必要です。

データ通信量がかかりますが、それほどのデータ量ではないのであまり心配しないでも大丈夫です。

通信品質が悪い時がある

IP電話なので、電話回線よりも通話品質は若干劣ります。電波状況では途切れることもあります。ただ個人的には許容範囲です。

SMARTalkは予備機に最適!

予備のスマホでデータ通信SIMを契約している人は多いと思います。

そんな時に最適なのがです。

ちょっと前にソフトバンクの大規模障害があり、予備回線の必要性を皆さん感じたと思いますが、SMARTalkを利用すれば予備回線のデータSIMでも通話が可能になります。

データSIMなら格安SIMで安く契約できますので、ぜひこの機会に予備回線を検討してみてください。

わたしはメインがドコモ回線で予備をソフトバンク回線にしています。LINEモバイルのデータSIMで月に630円ポッチで安心が買えます。

LINEモバイルの料金プランや特徴は?どんな人にオススメ?<これで完璧!>

もはやスマホユーザーで使っていない人はいないんじゃないかと思えるLINE。 そんなLINEが運営するのがLINEモバイル。今や様々な事業に参入してイケイケドンドンな感じですが、果たしてLINEモバイル ...

続きを見る

まとめ

今回は「データ通信SIMで通話ができるようにする方法<SMARTalk>」をご紹介しました。

SMARTalkはスマホがあれば利用できますので、別にデータ通信SIMじゃなくて音声通話SIMの人がサブの電話番号として利用することももちろん可能です。

あまりメインの電話番号を他人に教えたくない場合、SMARTalkの番号を教えるという手もあります。

個人事業主の人がお客さんからの受信専用番号として使っても良いかもしれませんね。

かなり使えるサービスなので、ぜひ利用してみてください。

なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロ

ゼロ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動しています。
IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。
少しでもお役に立てたら嬉しいです。

ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ!

お問い合わせはこちら

-スマホ, 格安SIM
-

Copyright© LifeEdge パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.