パソコン、WEB、スマホ、ガジェットなどの総合情報サイト

LifeEdge-ライフエッジ-

https://it-media2.net

ガジェット ワイヤレスイヤホン

サウンドピーツQY7のレビュー。ベアリングの方法は?

2018年10月1日

サウンドピーツのワイヤレスBluetoothイヤホン「QY7」がAmazonで爆安で売られていたので購入しました。

サウンドピーツの製品はよくタイムセールで安くなっていますが、果たしてその実力はいかがなものか?

そこで今回はサウンドピーツQY7のレビューとベアリングの方法などをご紹介します。

サウンドピーツQY7の購入

なにげにAmazonのタイムセールを覗いていたら、サウンドピーツのQY7がタイムセールで880円で売られていました。これでも安いですが、なんと300円オフのクーポンも適用され580円という爆安価格でした。

ワイヤレスイヤホンは他に持っていますが、この価格なら予備機としてありだと思い速攻で購入。

わたしが購入後、すぐに売り切れになったようです。

QY7の開封

注文の翌日に到着。

オープン。収納ケースとユーザーガイド。

収納ケースをオープン。本体、USBケーブル、イヤーピース、イヤーフックの予備が入っています。イヤーフックは丸いものと半月状の2つがあるので、好みのものを付けることができます。

右耳(R)に電源ボタンとボリュームボタンがあります。

左耳(L)にも電源ボタンのマークがありますが、こちらは操作できません。

左耳(L)にはUSBの端子がありますので、ここで充電します。

QY7のベアリング方法

QY7の電源を入れ、さらに5秒間電源ボタンを押し続けます。「ベアリングモードにします」という音声が流れたら準備完了。電源ボタンの部分が赤と青に点滅します。

今度はスマホの「設定」から「無線とネットワーク」>「Bluetooth」をタップ。「使用可能なデバイス」にQY7と表示されるはずなので、そしたらそれをタップすれば完了です。

もし表示されない場合は、一度スマホのBluetoothをオフにしてから再度オンにしてみてください。

QY7のレビュー

装着感なのですが、イヤホン部に操作ボタンがあるからか、ちょっとデカイです。

ただ、それほど重くはありません。

初期状態のイヤーフックが丸いやつなんですが、これがどうも耳にフィットしないので、半月状のものに変えたほうが良いかもしれません。

イヤーピースは少し大きめ。女性で小さい耳の人は交換必須です。

イヤホン部の操作ボタンはちょっと操作しづらいです。

今はmixcderのワイヤレスイヤホンを使っているのですが、こちらはケーブルのところに操作ボタンがあります。

こちらのほうが圧倒的に操作はしやすいのですが、難点もあります。それは、この操作部の重みで、ケーブルがこちら側に寄ってきてしまうのです。

ジョギングをしていたりすると、これがとてもうっとおしい。

その点、QY7はイヤホン部にあるので、そういうことはありません。また、見た目的にもスッキリしています。

スポーツしながらだと頻繁に操作するわけでもないので、QY7のほうが良いですね。IPX4防水/IP5X防塵なので、汗や雨にも安心です。

肝心の音質ですが、高音と低音、とてもバランスが良いです。

よほどこだわりがなければ十分な音質です。正直、5000円くらいのものと比べても大差ないです。580円なら大満足レベル。普段は1999円くらいで売られていますが、それでも買って損はないと思います。

QY7はハンズフリー通話もできますが、通話に関してはあまり期待しないほうが良いです。通話できなくもないですが、やはり通話品質はよくありません。まあこれはほかのワイヤレスイヤホンでもそうですけどね。

通信時間は6時間となっていますが、実際は5時間くらいかな。まあこんなものでしょう。

今回は580円で購入したので何も文句はありませんが、もし1999円で買ったとしても満足していたと思います。

サウンドピーツの商品はよくタイムセールで出てくるので、欲しい人はチェックしておいてください。

QY7仕様

型番:4.1+EDR

対応プロファイル:HFP1.6 HSP1.2 AVRCP1.4 A2DP1.2

チップセット:CSR8645

通信距離:10m

ノイズキャンセル:CVC6.0

通信状態:約145時間

通信状態:約6時間

充電所要時間:約2時間

サイズ:L40W24H32mm

重量:16.4g

サポートは購入日より1年間

*追記 故障時の対応について

使い始めて30日後、電源が入らなくなりました。

アマゾン経由でサウンドピーツのサポートにメールをすると、一度初期化してくれとのこと。

初期化したんですがやはり電源は入らなかったのでその旨を連絡すると、新品に交換してくれました。

壊れたのは特に返品しないでもOKでした。ロジクールのような神対応。

メールの返信もとても早く、交換が持てました。

ま、故障しないのが一番なんですけどね。。。

 

このほかにもワイヤレスイヤホンのレビューをしていますので、よければ参考にして下さい。

ガジェット ワイヤレスイヤホン

2019/11/11

【 Arbily i19 完全ワイヤレスイヤホン レビュー】大容量バッテリーでモバイルバッテリーとしても使えます!

こんにちは!ゼロシキ(@LifeEdge_info)です。 完全ワイヤレスイヤホンを使っていて一番最悪なのが、バッテリーが切れることです。 有線のイヤホンと違い、ワイヤレスイヤホンはバッテリーが切れれば使うことができません ワイヤレスイヤホンを使っている方なら、バッテリーが切れた時の絶望感はよくおわかりかと思います。わたしは音楽を聴きながらジョギングしていますが、バッテリーが切れた時は一気にテンションが下がります... 完全ワイヤレスイヤホンの場合は充電ケースを持ち歩けば数日は持ちますが、それでも頻繁に充 ...

ReadMore

ガジェット ワイヤレスイヤホン

2019/11/11

【EarFun Free 完全ワイヤレスイヤホン レビュー】急速充電&絶妙なフィット感!

こんにちは!高コスパワイヤレスイヤホンを追い求める男、ゼロシキ(@LifeEdge_info)です。 先日Appleより「AirPods Pro」が発表され、ますます注目を集める完全ワイヤレスイヤホンですが、AirPods Proって高いですよね。3万円くらいします。なんだかもうスマホを買えてしまうくらいの値段なので、私のような庶民にはなかなか手が出ません。 それに今は安価でも性能の良い完全ワイヤレスイヤホンが出ていますので、無理してそんな高いのは買うことないと思っています。くれるなら欲しいけど... さ ...

ReadMore

ガジェット ワイヤレスイヤホン

2019/11/11

【NexAudio Nex Q70 レビュー】完全防水&AAC/AptX対応ワイヤレスイヤホン

こんにちは!ワイヤレスイヤホンマニアのゼロシキ(@LifeEdge_info)です。 最近のスマホはイヤホンジャック非搭載のモデルが多くなってきており、ワイヤレスイヤホンの人気が急速に高まっていますよね。 ワイヤレスイヤホンといっても、左右がケーブルでつながっているタイプと完全分離型のワイヤレスイヤホンがありますが、装着感という意味では圧倒的に完全ワイヤレスイヤホンのほうが優れています。 完全ワイヤレスイヤホンも今や数多くの商品が出ていますが、これだけの商品があるとどれを選んでいいのかよくわからなくなりま ...

ReadMore

ガジェット ワイヤレスイヤホン

2019/11/11

【TaoTronics SoundLiberty 53レビュー】最大40時間再生&タッチセンサーの高コスパワイヤレスイヤホン

iPhoneをはじめ、最近のAndroidもイヤホンジャック非搭載のモデルが多くなってきたので、今やBluetoothの完全ワイヤレスイヤホンは必需品になってきています。 でも、AppleのAirPodsなどは高すぎて気軽に購入できませんよね。さすがに2万円以上は庶民には厳しすぎます... 少し前まではまだ数が少なかった完全ワイヤレスイヤホンですが、最近は高いものから安いものまで一気に普及してきました。 はじめて完全ワイヤレスイヤホンを購入する時、それほど高いのはいらないから、ある程度音質が良くて安いモデ ...

ReadMore

ガジェット ワイヤレスイヤホン

2019/11/11

【 SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree+ レビュー】3,000円台でこの音質はスゴイ!

「そろそろ完全分離型のワイヤレスイヤホンを買いたいけど、高いんだよな~...」なんて人に超オススメなのが SoundPEATS(サウンドピーツ)の 『TrueFree+』です。 SoundPEATSといえば中国のガジェットメーカーですが、低価格ながら高品質の製品でAmazonなどでは絶大な人気を誇るメーカーです。 雑誌などでもよく登場しているので、ますます人気は高まっています。 さて、そんなSoundPEATSから発売されている完全分離型ワイヤレスイヤホンの『TrueFree+』ですが、Amazonでは3 ...

ReadMore

まとめ

今回は「サウンドピーツQY7のレビュー。ベアリングの方法は?」をご紹介しました。

今回は580円という爆安価格で購入できたので、とてもラッキーでした。

商品自体もとても良くできていますので、オススメですよ。

タイムセールで1000円前後で売られていることが多いので、Amazonのウォッチリストに入れておくと最安値で購入できるかもしれません。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロシキ

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD廃人です。 IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。 少しでもお役に立てたら嬉しいです。 ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ! お問い合わせはこちら

-ガジェット, ワイヤレスイヤホン
-,

Copyright© LifeEdge-ライフエッジ- , 2019 All Rights Reserved.