ガジェット

マイクロソフトの『Natural Ergonomic Keyboard 4000』を爆安で購入したのでレビュー

マイクロソフトのErgonomic Keyboardシリーズと言えば、その独特な形状で有名ですが、なかでも『Natural Ergonomic Keyboard 4000』はその近未来的な形状で、男心をくすぐられます。

そんなNatural Ergonomic Keyboard 4000ですが、先日ハードオフに行ったところ、ジャンクコーナーでなんと500円で売られていました。

状態も良さそうだったので、速攻で購入。

今回はNatural Ergonomic Keyboard 4000の使用感などをレビューしたいと思います。

Natural Ergonomic Keyboard 4000について

Natural Ergonomic Keyboard 4000は人間工学に基づいたデザインにより、とても快適にキー入力ができるように作られています。

疲労も軽減されるので、特に腱鞘炎などでお悩みの方には特におすすめのモデルです。

Natural Ergonomic Keyboard 4000のデザイン

キーの真ん中が分かれていて、中央部が盛り上がっている。手前には合皮の大きなパームレストがあります。

実際にこのキーボードに手を乗せると、驚くほど手にフィットします。キーボードの盛り上がりとパームレストの存在により、通常のキーボードでは得られないような心地良さがあります。

更に面白いのが、手前に大きな台座があり、奥に向かって下に傾斜しています。通常のキーボードとは反対ですね。

もし抵抗あるようでしたら、この台座は外すこともできますし、奥には普通のキーボードのように高さ調節できるハネがあります。

私は奥に下がる傾斜が苦手だったので、台座は外しました。

そしてこのキーボード、めっちゃデカイです。ロジクールのキーボードと比べてみました。

1.5倍はデカイです。机を占領されます。

こんだけデカイので、手の小さい女性とかは少し扱いづらいかもしれません。

機能

このキーボードの優れている点として、キーへのプログラムの割当があります。

まあ、それは他のキーボードでもあるにはありますが、このキーボードにはズームボタンや「戻る・進む」ボタンがあり、これが地味に使えます。

ズームは写真の編集の時などに、戻るボタンなどはWEB閲覧時などに活躍します。

ファンクションキーにも色々と割り当てられています。

任意のプログラムも設定できます。

キーの割当はドライバソフトからおこなえます。

Natural Ergonomic Keyboard 4000 ドライバ

うまく使いこなせば、あまりマウスを使わなくても良くなるので、作業効率はかなり上がりますよ。

Natural Ergonomic Keyboard 4000の使用感


さすがにここまで独特なフォルムなので、はじめは少し戸惑います。

キーの大きさもそれぞれ微妙に違ったりするので、違和感を感じるでしょう。

また、このキーボードは自分のオリジナルの打ち方では操作しづらいので、ある程度ブラインドタッチができないとキツイです。

ですが逆に、強制的にブラインドタッチを覚えるようになるので、まだブラインドタッチをマスターしていない方には「矯正」するいい機会になるでしょう。

私も少し変則的な打ち方をしていましたが、このキーボードを使ってうまく矯正されています。

なんにしても、慣れるのに少し時間がかかりますが、逆にこれに慣れてしまうと、他のキーボードに戻れません。だって、心地良いんだもの。。。

飽きたし他のにしたいな~と思っても、またこれを買ってしまうという恐ろしい罠にハマるので、そこは注意が必要です。

腱鞘炎の人におすすめと言いましたが、大きなパームレストと余計な力が加わらない設計なので、本当に腕がラクです。

腱鞘炎だけどデータ入力作業をおこなっている方にはぜひ試してほしいです。

なにかメリットばかり述べている気がしますが、悪いとこもあります。

それは、打鍵感がクソ過ぎるとこです。もともと高いキーボードじゃないので仕方ないのかもしれませんが、安いキーボードと同程度の打鍵感です。

特にスペースキーはひどく、なんとも言えない情けない音がします。

これ、もう少しなんとかならなかったのかな~。。。

本当に残念。

それと、デカイのでキーボードからマウスへと手を移動するのに、少し違和感を感じます。特に手前の台座を付けている時はマウスへの移動がスムーズじゃなくなります。

まあ入力に特化しているので、この辺は仕方ないのでしょうか。

総評

はじめはその近未来的なフォルムにただ惹かれていただけですが、いざ使ってみると本当に入力作業が楽になります。

合皮の大きなパームレストが腕の疲れをだいぶ軽減してくれますし、この独特のキー配列で正しいブラインドタッチをマスターできるので、効率も上がりました。

ショートカットを色々と割り当てられるのも良いです。

残念なところは打鍵感と、ちょっとデカイところ。まあ慣れてしまえばそれほど気にならないかもしれませんが。

それと最後に、この独特のフォルムから、ダラダラとネットサーフィンをする目的の場合は止めたほうが良いです。

やはり入力に特化しているので、あまり入力作業をしない場合は、とても使いづらいです。

このキーボードを使うと、自然と姿勢も正しくなるので、ダラダラした使い方には向いていないんですね。

なので、私も動画を観ている時とかは他のキーボードが良いかもってなります。

逆に仕事で使うなら本当にオススメです。腕の疲労や腱鞘炎に悩んでいる方は一度使ってみて下さい。

まとめ

今回は『Natural Ergonomic Keyboard 4000』のレビューをお届けしました。

前から欲しかったので、500円で買えて本当にラッキーでした。

今はヤフオクやメルカリでも安くなっているので、もし興味があれば一度使ってみて下さい。結構テンション上がりますよ。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゼロシキ

ゼロシキ

普段はWEBコンサル、WEB制作などをメインに活動している パソコン、スマホ、VOD・ガジェット廃人です。
パソコン歴:24年/スマホ歴:8年/VOD廃人歴:4年。
IT系の情報をメインに、好きなこともツラツラと書いていきます。 少しでもお役に立てたら嬉しいです。
ご質問などありましたら、お気軽にどうぞ!
レビューのご依頼などもお待ちしています。
お問い合わせはこちら

-ガジェット
-,

© 2020 LifeEdge-ライフエッジ-